お金で買える幸せとは いろんな種類の幸せについて

お金がたくさんあったとしたら、例えば宝くじが当たったとしたら何がしたいですか?高層マンションに住んで高級車に乗り、頻繁に旅行にも行く。誰もが想像しそうなくらいありきたりだけれども、やっぱり一度はそんな暮らしもしてみたいものです。

お金があれば、欲しいものがなんでも手に入り、不自由のない幸せな人生が送れそうに思えます。しかし一方で、「お金で幸せは買えない」とか、「お金は人を不幸にする」なんて言葉もあります。

最近、貧困問題がよく取り上げられたり、若い世代が以前より貧乏になっていると言われたりしていますが、上の言葉が本当なのだとしたら、貧乏なことはむしろ幸せだと言えるのでしょうか。それもなんだか違います。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

ものを買うことで得られる幸せ

お金があれば欲しいものが何でも手に入ります。お金で買うことができるのは、売っているものに限りますが、それが本当に好きなもので、愛着が持てるものであれば、それを所有することが幸せでないはずがありません。人によって幸せの定義も違いますが、間違いなく幸せの一種ではあります。

愛着が持てるとは

どんなときに買ったものに愛着が持てるのでしょうか。品物を選ぶときに、安いからという理由ではなく、値段が高いのを気になりつつも本当に欲しいと思って選んだものには愛着が持てる可能性があります。

人は品物を買うとき、値段とその品物の自分にとっての価値を考えながら選びます。本当に欲しいと思って選ぶものというのは、自分の中で「値段<品物の価値」となっており、値段以上の価値を見出していることになります。

こうして買ってみたものが、本当に自分の思った通りの価値があるものだったと思えれば愛着がわき、長く使ったり持っていようとするでしょう。それと同時に、良い買い物をしたと思えるでしょう。その感覚は、買い物の額が同じだとすると、自分が持っているお金が少ないほどさらに強くなります。

お金があるほど満足のしきい値が上がる

お金がたくさんあればあるほど、品物の価値というのがお金が少ないときに比べて相対的に低く見えてしまうのです。お金が少ないうちは、1万円台クラスの時計の中で自分なりに良いと思うものを選んで満足できていたのが、お金持ちになると50万円クラスのものでないと満足できなくなるといった感じです。

値段以上の価値を見出だせて、かつ自身の所持金からしてもそれなりの価値があるとみなせたものに愛着が湧くのです。

これがお金で買える幸せです。しかし幸せにはいろんな種類があり、お金で買うことのできないものがあります。

人とのつながりで得られる精神的な充足感

人は社会的な生き物で、今でこそそれほど人と関わらなくても生きられそうな方法もありますが、大昔から人は助け合って生きてきました。その名残なのか、人と共感、理解し合ったり、好きな人といっしょに過ごすことに喜びを感じます。

こうした喜びは、相手がいて初めて成り立つもので、その相手が心の底から自分に関心を持っていたり好意を持っていることが必要です。その心はお金では決して買うことはできません。お金をあげるので友だちになってくださいと言ってできた友達なんてちっとも嬉しくありませんね。

自身の能力、容姿などに基づく自己肯定感

努力やお金によってある程度は変えることも可能ですが、生まれつきによる部分もあり、人によって差が大きい幸せの形態です。上に書いた人とのつながりで得られるものと重なる部分もあるのですが、上の方は人とのつながりというように外に向かっているのに対して、こちらでは自分自身、内に向かった幸せです。

人によっては、自身の能力や容姿に劣等感を感じて悩んだり、コンプレックスを持ってしまうことがあります。お金で解決するのが難しいことも多く、人生レベルの幸福感にも影響を与えることがあります。

お金がたくさんあっても幸せとは限らない

「幸せ」には本当にいろんな形態があり、人によっても価値観の違いから様々です。健康でいることや、自由な時間があることなど、挙げればキリがありません。そのうちお金で買うことのできる幸せなんてほんの一握りです。

そして、一つの種類からよりも、いくつかの種類の幸せから幸福感を得たほうが人生は充実します。お金もそこそこあり、人間関係にも恵まれていると良い人生を送れそうです。

お金で買える幸せの種類は限られていますし、そのタイプの幸せはお金がたくさんあればあるほど高額なものからでないと得にくくなるという特徴から、お金がたくさんあっても幸せとは限らないのです。

さいごに

文明が発達するにつれて、生活に必要なものは何でもお金で買うようになってきたため、「お金=幸せ」という思い込みをしてしまいやすいですが、ずっと昔はお金と関係しない幸せを人は感じていたはずです。そういった幸せも現代人には必要なんだと思います。

そのことに気づくだけでも、案外自分は幸せなんだと見方を変えることができるかもしれません。自分が幸せだと思えることもまた幸せの一つだと思います。