北海道大地震を経験して思った、地震のときにあると便利なもの

北海道は地震が少ないと言われてきましたが、その説も先日の地震で崩れ去りました。2018年9月6日午前3時7分ごろに発生した北海道胆振東部地震は、マグニチュード6.7、最大震度7という北海道史上最大の地震です。

震源に近い厚真町では土砂崩れが起こりました。また、札幌市内では液状化現象もみられました。

そして今回の地震で特徴的だったのは、北海道全域で停電してしまうブラックアウトが起こったことです。

私は札幌で揺れを経験し、停電してからまる1日と半日後に電気が復旧したのですが、その中で体験した苦労やあると便利なものについて書いていこうと思います。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

震度5弱の揺れ

最初はガタガタと小さめの揺れから始まり、本州の方でよくある小さい地震かなと思っていたのですが、5秒ほどするとだんだんと激しくなってきて、スマホの緊急地震速報アラームも鳴ったので(遅い!)、ただ事じゃないことに気づきました。

「ヤバい、これは来る!」と思い、一番倒れてほしくない一体型のデスクトップパソコンが机から落ちないように無我夢中で支えていました。

ガタガタという部屋の物音とは別に、地響きというのか低音のゴゴゴゴという音も聞こえていました。マンションが崩れるんじゃないかと思いました。その割には冷静にちゃんとパソコンを支えていたんですけどね。崩れなくてほんと良かったです。

おそらく、生まれてから経験した中で一番大きい揺れだったと思います。ほんと怖かったです。北海道だから地震は大丈夫って思い込んでましたからね。

地震の揺れで落ちたり、動いていたもの

幸い、モニターなど家電が落ちることはなく、棚の上に置いていた縦長のボディークリームが落ちていたり、立て掛けていた小物が倒れている程度でした。あとは、2重窓の内窓がスライドして半分ほど空いていました。

あの揺れにしては落ちたりするものが少ないと思いました。背の高い家具がないのも良かったのかもしれないです。

PCモニターやテレビは倒れないように固定しておくと今回の私みたいにヒヤヒヤせずに済むでしょう。

停電でスマホが充電できない

物が散乱することがないのは良かったのですが、スイッチを押しても明かりがつきません。懐中電灯は持ってなかったので、スマホかタブレットのライトが唯一の明かりでした。

明かりを灯すにも、地震の情報を得るにもスマホが頼りなので、バッテリー残量に常に気にしながら使うことになります。

被害状況や支援物資の配布などの情報は、テレビが使えない環境ではスマホからしか入手できないので、バッテリー切れは絶対に避けないといけません。

場合によってはスマホを充電させてくれるところがあるかもしれませんが、モバイルバッテリーはあったほうが良いと思いました。普段の外出で使う用とは別にもう一つ災害時用を用意して、そっちは常に充電されている状態でおいておくのが良いと思います。

私は、MacBookのバッテリーが48%残っていたので、それで充電してなんとかスマホがバッテリー切れになることは防げました。MacBookのバッテリーが残っていなかったらどうなっていたことやら。

あると便利なアイテム

手回し発電機

手でハンドルを回せば発電できるので、バッテリー残量を気にせずにスマホが使えます。ラジオとライトがセットになっているものもあり、ネット回線が悪いときにはラジオが重宝しそうです。

除菌ティッシュ

電気やガスが止まるよりも水道が止まるほうが困ることが多いと思うのですが、除菌ティッシュがあれば、簡単な汚れは落とすことができます。何よりもまず飲水が大事ですけれどね。

停電で冷蔵庫の中が常温になる時間

冷蔵庫の大きさや性能にもよりますが、1日も経たないうちに常温になってしまうので腐りやすいものをどうするかを早いうちに決めないといけません。

電気が止まってから6時間はまだ冷蔵室でもひんやりしています。

12時間経つと冷蔵室はぬるくなっていて、冷凍室のものも解凍されています。普段、冷凍した生肉を冷蔵室に移して解凍するときでも半日以上はかかるので、冷凍室の中とはいえ、電気が来ていないとそれよりも早く解凍されてしまうようです。

15〜18時間ほどで冷蔵室は常温になります。冷凍室はまだ少しだけひんやりしていました。

どうせ腐るなら火を通して少しでも日持ちさせよう

地震の前日の夜に割引の肉を買い込んでいたことを後悔しました。普段は冷凍しておくのでけっこう持つのですが、冷蔵庫が止まった以上、腐るのは時間の問題です。

私の住んでいたところでは水道とガスが生きていたので、換気扇は回せないですが、調理はできたんです。

水蒸気を出すと換気扇が使えない部屋には良くないと思い、水蒸気を出しにくい圧力鍋で調理しました。被災1日目で圧力鍋を使う人もそんなにいないんじゃないかと思ってます(笑)。

調理して塩分も加わっていると、常温でも数日くらいは持ちます。24時間に1回くらいは火を入れて殺菌しておきましょう。

さいごに

地震の研究は昔よりは進んでいますが、はっきりいつどこに来るか分からない以上、地震は思わぬときに突然襲ってくるものなのです。

今回、北海道で大地震が起こったわけですが、これで日本中どこにいても地震のリスクがあることを忘れてはいけないことが言えるでしょう。

どこでも言われていることですが、いつ来るか分からない地震に備えて飲料水や保存食だけでも用意しておきましょう。