SoftBank Airを徹底レビュー!通信速度は遅い?何日以内なら解約できるのか

自宅でインターネットを利用するには通常、光回線を始めとした有線のネット回線を契約する必要がありますが、『SoftBank Air』を使えば、そんな契約をせずとも超手軽に自宅にWifi環境が作れてしまいます。専用の機器をコンセントに挿すだけでインターネットが使い放題になります。

外出先でもWifiが使える、UQ WiMAXやポケットWifiと違って持ち運びはできないですが、無線回線を利用するため、コンセントが挿せるところであれば工事なしでインターネットが使えるようになります。

通信量の制限が無いなど様々なメリットがあり、実際に試してみて分かったメリット、どんな人に向いているのかについて解説していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

特徴

まず、SoftBank Air の特徴についてご紹介していきます。

工事不要で、開封後すぐ使える

有線のネット回線は、開通させるには工事が必要になったり、業者が訪問してくることがありますが、SoftBank Air であれば、機器が送られてきたらコンセントに挿すだけですぐにネットが使えます。

ケーブルやONUが不要で、難しい設定も無い

光回線では光ファイバーに光信号を流して通信しており、その光信号をパソコンなどが認識できるデジタルの電気信号に変換する機器(ONU)が必ず必要になるのですが、SoftBank Air であればONUも不要です。

さらにルーターとしての機能もあるため複数のネット機器を無線で接続できます。LANケーブルは2本まで挿すことができますが、もとが光回線を使っている訳ではないのでわざわざLANケーブルで接続するメリットはほぼないでしょう。Wifiに対応していない機械を繋ぐくらいでしょうか。

専門用語なんて一切見る必要が無く、面倒な配線もなく、電源を入れたらWifiが即使用できる状態になっています。

引越先でもWifiが使える

通常のネット回線は、契約してすぐ使用可能にはならず、新居に引越しても数日間はネットが使えません。

しかし、SoftBank Air は引越し直後でも、SoftBank Air対応エリアであればコンセントに挿すだけですぐに使用可能な状態となります。

さらに引越し前でもとても便利なのです。普通のネット回線は、2年毎の契約になっていることが多く、中途半端なところで解約すると違約金を取られます。引越す時期が契約の切れ目にピッタリ合わないと、もったいない思いをするか、しばらくネット無しの生活を強いられるわけです。

ところがSoftBank Air であれば、退去日ギリギリまでネットが使用可能です。ギリギリまでというか解約する必要がないのです。持って行った先でそのまま使えるのですから。

スマホでテザリングすればパソコンもネットに繋げられますが、気をつけて使わないとあっという間にデータ量の制限に引っかかります。実際のところ動画は見てられないです。

使用量無制限

他のモバイルWifiでは、3日間のデータ使用量が10GBを超えると一時的に速度制限がかかるものがありますが、SoftBank Air であれば、そういった制限は一切ありません。

さらに、そして家のネット回線と同様に1ヶ月全体での使用量に制限は無く使い放題です。実際、SoftBankに電話で 「仮に1ヶ月で1TB(1GBの1000倍)を使用しても制限はかからない?」と聞いてみたところ、「かからない」との回答でした。

通信速度

SoftBank Air は、地域によって最大速度が異なりますので『住所別下り最大通信速度情報(SoftBank Air 公式)』で住んでいるエリアの最大速度はどれくらいなのか、チェックしておく必要があります。

それでは、実際に測定した通信速度を見ておきましょう。尚、私が住んでいるエリアはターミナル3、最大350Mbpsに対応した地域となっています。

上の画像は、とある木曜日の午後7時頃に SoftBank Air の回線を使用して、通信速度を測定しました。

上の画像は、 SoftBank Airにつながずに、スマホの4G回線を使用して測定したものです。

やや遅い

4G回線と比較すると、SoftBank Air は最大350Mbpsに対応したエリアであっても、速いとは言えない通信速度となっています。

測定した時刻が午後7時を過ぎており、ネット回線が混雑してくる時間帯なので、1日のうちで一番遅い速度です。他の時間帯ではだいたい2〜3倍くらいの速度は出ていました。

更に、私が住んでいるエリアは札幌市内でも中心部の方ですので、混雑しやすい環境ではあると思います。それらを考えると、極端に遅いわけではなさそうです。

ブラウジング、動画には問題ない速度

数値で比較すると随分と遅くなっているように見えるかもしれませんが、それなりの通信速度を必要とする動画視聴の場合、スマホだと1〜2Mbps、パソコンだと2〜4Mbps程の速度が必要であり、SoftBank Air 3であれば条件を満たしています。

実際に試したところ、Youtubeの動画視聴等は問題なく、Webページを閲覧したとしても、画像の読み込みがワンテンポ遅いですがストレスになるレベルではなく 、問題なく使えました。

オンラインゲームは厳しい

動画を見るくらいなら問題ないのですが、短時間に何度もリアルタイムに通信をする必要があるオンラインゲームの場合は厳しい速度です。

オンラインゲームをするなら絶対に光回線の方をおすすめします。

家族利用も厳しい場合も

SoftBank Air の回線は十分に速いとは言えませんので、2,3人以上が同時に動画視聴やデータ量の大きいものをダウンロードすると、極端に速度が落ちる可能性があります。

どんな人に向いている?

では、SoftBank Air はどんな人に向いているのかを解説していきます。

スマホの通信量を大幅に増やしたい

最近では、通信プランで50GBといった大容量のものもありますが、音楽や動画視聴が多い方なら、これでも足りないのではないでしょうか。

そんな時に、自宅にSoftBank Air があれば、自宅でWifiを繋げている時は使用量を気にすることなく使えます。

アプリの更新、ダウンロード、動画視聴、曲のダウンロードなどを自宅にある SoftBank Air で行えば、通信量の節約になりますし、スマホの契約プランも低価格なものへ変えられるかもしれません。

1人暮らしか二人暮らしまで

通信速度の関係から、3,4人家族で同時にそれぞれ動画見たり、オンラインゲームしたり、ブラウジングしたりするには少し不向きに感じています(夜の時間帯)。

なので、1人か2人暮らしの場合のみにおすすめしたいです。

面倒なことは嫌、簡単に始めたい

SoftBank Airは、コンセントに繋ぐだけでネット使用可能な状態となりますし、配線もWifiだけにすれば、電源コード1本だけで済むコンパクトさがあります。

また、引越し時の退去時、入居時もネットに繋がらない期間が圧倒的に短くなりますし、業者の方が家に入ることもないのがメリットです。

これらを求める方にもオススメしたいサービスです。

オンラインゲームをしない

オンラインゲームの中でも特にシューティングゲームは、回線にもそれなりの性能を必要とします。

動画視聴やブラウジングのみであれば、SoftBank Airを勧めたいですが、オンラインゲームをする場合はゲームによっては満足にプレイ出来ない可能性があります。

解約

実際に契約してみたけれど、自宅の場所、SoftBank Airの設置場所、窓の向き等によっては、電波状況が悪かったりして通信速度が遅すぎる場合があります。

若しくは、私達のようなネットヘビーユーザーな場合、通信速度が物足りなくて解約する場合もあります。

では、一体、どういう条件ならスムーズに解約出来るのか、それをご紹介していきます。

機器が届いてから8日以内

SoftBank Airの機器が届いて、サービス利用開始時から8日以内であれば、契約を無かったことに出来ます。

ただし、多少の条件がありますので、契約完了前に電話でしっかりと聞いておきましょう。

私達の使用環境では、私達の使用環境を満たせる程の速度が出ていなかったということで解約可能でした。解約の電話の際にオペレーターから「実際の速度はどれくらいでしたか?」とか「他の時間帯もですか?」なんて聞かれることも、疑われることも無かったので、安心して解約出来ました。

もちろん、解約の電話は繋がりにくい場合が多かったりするため、機器が届いて2〜4日程しっかりと試し 、それでも速度不十分と判断したのであれば、 出来るだけ早めに解約の電話をしましょう。8日を過ぎると多額の解約金が必要になります。

8日を過ぎても解約は出来るが…

最初の8日を過ぎても解約は可能ですが、機器の代金の残りを支払わなくてはなりません。機器は5,6万円します。

引越し先が電波状況が悪かった場合、通信料は払わくてよくなる可能性がありますが、機器代金は支払う必要がありますので、ご注意を。

尚、違約金0円で解約出来るのは、契約から4年を過ぎてからとなります。2年縛りもありますが、機器代金分割が3年間だからです。

8日以内の解約に必要な費用は0円

SoftBank Airからの営業電話で「8日以内の解約でも、通信料の日割り分と事務手数料の約3000円は必要」みたいな事を言われました。

しかし、実際に解約の電話をした際に、それらが必要なのか聞いたところ「8日以内の場合は『解約』ではなく、契約自体を無かったことにするも同然なので、そういった費用は一切必要ありません」と言われました。

早い段階で解約させないために、営業はそんな事を言っていたのかもしれませんが、解約してからそういった費用の請求は来ていないので、8日以内であれば何も支払う必要が無いようです。

解約手続き

8日以内に解約をした際の、実際の解約手順をご紹介します。

まず、解約のために電話をします。すると機器を回収する宅配業者を手配してくれます。

あとは、送られてきたときに入っていた箱に機器や電源コードなどを全て元通りに入れてガムテープで封をし、回収に来た宅配業者に渡すだけです。

そのため、機器が届いたときに入っていた箱は捨てずにしばらく残しておくと良いでしょう。機器の返却の宛先等は SoftBank Air側が宅配業者に知らせているようですので、本当にただ箱に戻して渡すだけなのでとても簡単です。

注意点

SoftBank Air は手軽で設置時等の容易さがありますが、契約時に注意しておきたいポイントがいくつかありますので、それらについてご紹介していきます。

下り最大350Mbpsに対応しているエリア

最初の方でも書きましたが、『住所別下り最大通信速度情報(SoftBank Air 公式)』で、 お住まいの地域が下り最大350Mbpsの速度に対応しているのかどうか、しっかりと確認しておく必要があります。

261Mbps以下の速度にしか対応していない場合、契約しない方が無難です。

8日以内の解約確認

契約申し込み時に、8日以内であれば違約金などがかからずに解約出来るのかどうか、しっかりと電話で確認しておきましょう。

電話を録音して残しておけば、尚良いでしょう。

ネット速度を調べる

Googleで『ネット速度』と検索すると、ページ上部に『インターネット速度テスト』と表示されたエリアがあり、『速度テストを実行』を選択して、ネット速度を調べましょう。

SoftBank Airが届いたら、使用頻度の高い時間帯に計測してみて下さい。そこで下りが5Mbpsよりも遅い場合、普段の動画視聴などで問題が生じる可能性があります。

実際のブラウジング等の快適さなどもチェックし、利用には厳しいと判断したのであれば、機器が届いてから4〜5日以内には解約手続きを開始しましょう。

さいごに

自宅でパソコンでの4K動画の視聴、戦闘の激しいオンラインゲームのプレイなどなど、ネットをヘビーに使用する方には不向きなサービスですが、普段スマホの使用が主な方にはオススメなサービスです。

契約したら機器が届いて、コンセントを繋いだらすぐに使用可能になる手軽さ 、難しい設定は一切いらず、業者の立ち入りも無い容易さ、是非、SoftBank Airを生活に取り入れてみて下さい。