電子マネー iD のメリットとは

電子マネーには様々な種類があり、その1つである『iD (公式ページ)』を選ぶメリット、魅力をご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

後払い(ポストペイ型)を選択出来る

私はクレジットカード『三井住友カードの Amazon Mastercard』を所有しており、その別カードとして iD があります。

一般的な電子マネーはチャージ式ですが、iD はクレジットカードと連携させることで後払い式も選択可能になっています。私の例で言うと、iD で支払った分はクレジットカードの方で請求され、毎月28日に使った分が銀行から引き落とされています。

チャージ式だと1000円単位でのチャージが一般的ですが、iD の後払い式であれば、使った額がそのまま引き落とされて、余るのことがないので便利です。

また、後払い式にするとクレジットカードでの請求となるので、ポイントが貯まります。Amazon Mastercard は Amazonポイントが貯まるようになっているので、iD で支払った分の1%が Amazonポイントとして加算されます。

Apple Pay やおサイフケータイでも利用可能

ポストペイ型であれば、Apple Pay やおサイフケータイでも使用が可能になります。それらに登録しておけば、財布を持たずに買い物するなんてことも出来るようになります。

財布からカードを出す手間も省けます。

プリペイド型、デビット型もある

もちろん、チャージして使用するプリペイド型の iD や、銀行口座の残高内で使用可能なデビット型の iD もあり、自身の使い方に応じてカードを変えることも可能です。

サインレスの魅力

東京都の八王子に住んでいた頃、駅前にあるドン・キホーテをよく利用していました。私は普段から支払いには現金を使わずカードで支払うようにしています。なぜなら、支払いが早くポイントも貯まるからです。

しかし、(店舗によるかもしれませんが)ドン・キホーテでクレジットカード払いをすると、サインが必要です。そこで iD の登場です。

iD は電子マネーなのでサインが必要ありませんでした。サインレスでの買い物が可能になるので、私自身も早くレジを済ませることが出来て、後ろに待つ他のお客さんにとってもプラスではないでしょうか。

クレジットカードでサインが必要な場所で、混雑しやすい場所ではカード払いが出来ていませんでしたが、iD であればスムーズに買い物が可能になりました。

WEB で利用明細を確認できる

カードの種類や会社によって異なるかもしれませんが『三井住友カードの Amazon Mastercard』であれば、WEB上でログインして、クレジットカードの利用明細を見るのと同じ画面で、iD の利用明細の確認が可能です。

セキュリティの高さ

『ICカードロック機能』を利用することで、スマホをどこかに置き忘れたとしても、不正利用を防止することが出来ます。

更に、一般的な電子マネーは不正利用された場合、補償がされないケースが多いようですが、iD であればカード会社によってクレジットカードと同じように補償の対象となります(会社によって異なるかもしれませんが、少なくとも三井住友カードiDなら対象となります)。

万が一紛失しても、すぐにカード会社等に連絡をすることで利用停止出来ますし、不正利用されても補償があるので安心感があります。

クレジットカードと iDを併用することのメリット

iDのポストペイ型を利用すれば、クレジットカードとあまり変わらない機能なので、なぜ2つもカードを用意するのか、疑問に思う方もいるかもしれませんので、ここでは2つを活用することのメリットをご紹介します。

まずは、先程ご紹介したサインレスの魅力があります。

そして次に、例えばスーパーやコンビニなどでは高額な買い物をしないため、気持ち的にクレジットカードを出しづらいという方もいますよね。しかし、電子マネーであれば、どちらかと言えば少額の買い物で使うイメージがあると思いますので、こういった場面で iDを使うことでカード払いをしやすくなります。

場所に応じて使い分ける

私は普段、iDは主に外出先で日用雑貨や食料品の支払いに使い、クレジットカードは Amazonなどの高額な商品の支払いに使用しています。

これのメリットは、利用明細を分けて確認することが出来るという部分にあります。出費する対象によって使用するカードを使い分けることで、先月などの食費と日用品に使用した額の把握がスムーズになり、明細も見やすくなります。

クレジットカード2枚となると審査等が面倒ですが、クレジットカードとセットになった iDであれば、すぐにクレジットカードとiDの2枚用意することが可能です。

さいごに

他の電子マネーだとチャージという手間が必要でしたので、なかなか利用していませんでした。しかし、iDであればポストペイ型を利用することで、クレジットカードによる後払いが可能になり、普段の買い物での支払いがより便利なものになりました。

今では、日常生活での出費の支払いは、ほぼ全てをクレジットカードか iDで済ませています。財布に小銭が溜まっていくことも防げて、あまり清潔ではない紙幣や小銭に触れることも避けられます。

あなたも iDを活用して生活をより便利に快適にしてみませんか?是非、お試しあれ!