圧力鍋のサイズの選び方を写真付きで解説

圧力鍋は何リットルのを選べば良いのか、サイズの選び方について解説していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

カレーなら何皿分作れる?

上の写真は普段、私達が使用している圧力鍋で、2.5Lと5.5Lの2種類を使い分けています。そこで、カレーであれば何皿分が目安なのか、容量別に紹介すると以下のようになります。

  • 2.5L … 4〜5皿
  • 3.5L … 6〜8皿
  • 4.5L … 8〜10皿
  • 5.5L … 10〜12皿

上のリストはあくまでも市販カレーのパッケージに書かれているの量を参考にしているだけなので、私達のように1皿辺りのカレーが多い場合は5.5Lで作れるだけ作っても8皿分程度にしかならない場合もあります。

私達は2人暮らしですが、まとめて作ることが多いので5.5Lの圧力鍋をカレーやシチュー、その他のスープを作る際に使用しています。

1食分だけを作るならどれ?

まとめて作るのであれば大きい方が便利ですが、例えば豚の角煮やサバの味噌煮など、一度に沢山つくるものでなければ、以下のような選び方になるかなと思います。

  • 2.5L … 2〜4人分
  • 3.5L … 4〜6人分

どれが無難?

2〜4人であれば3.5Lが使いやすいのかなぁと思います。5.5Lも良いのですが、大きくて重いので、使うのを少し躊躇ってしまいます。

2.5Lは1〜3人分のを1回分作るには最適ですが、4人で使うと少し小さいと感じることもありそうです。