部屋干しや梅雨どきに大活躍!除湿機の選び方とおすすめの機種を紹介

梅雨どきは湿度が高くなりやすく、ジメジメして不快なことが多いですよね。湿度が高いだけで体感温度が上がって余計に暑く感じてしまいます。

こんなときには除湿機が役に立ちます。あまりにも湿度が高い日が続くと壁紙などにカビが生えてしまうことすらあるようです。

そして除湿機は室内で洗濯物を干すときにも重宝するのです。除湿機があるのと無いのでは洗濯物の乾き方が全く違ってきます。

ここでは、実際に除湿機を愛用している私がどういう物が良いか、除湿機の種類や、機種ごとの機能による違いを踏まえて解説していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

除湿機の使い道

ジメジメした梅雨どきだけが除湿機の活躍する場ではないのです。

冬でも活躍するケースがあります。暖房で温められた空気が窓際やクローゼット、押入れのような外からの冷気が伝わってくるところに行くと、冷やされて結露が起こり、カビの原因となります。

換気を十分行えば防ぐことは可能ですが、冬に換気をするのは極力減らしたいですよね。除湿機をつけておくとある程度は結露を防ぐことができるのです。

他には、冒頭でも触れましたが、部屋で洗濯物を干すのであれば除湿機は必須と言えるでしょう。浴室乾燥機には及ばないですが、扇風機の風をあてるだけよりはずっと速く乾きます。

除湿機の種類

選ぶ上でも重要になってくるのですが、除湿機には大きく分けてコンプレッサー方式とデシカント方式の2つのタイプがあり、タイプによって電気代がかなり違います。

コンプレッサー方式

取り込んだ空気を冷却することで結露させて水分を取り除きます。その水はタンクに溜まるようになっています。

冷やした空気はそのまま放出するのではなく、冷却の際に発生する熱を再利用して温めてから放出するので、部屋の温度は変わらないです。

エアコンの室外機と室内機をいっしょにしたようなものと言えます。

特徴としては

  • 電気代がデシカント方式に比べて安い
  • 寒い時期を除けば除湿能力が優れている
  • 冬は十分に結露させられず、力を発揮できない
  • 重量が10kg以上するものが多い
  • 音がうるさい

除湿機の使用目的が梅雨の湿気対策であれば、コンプレッサー方式を選んで問題ありません。ただ、就寝中も使うとなると、人によっては音が気になるかもしれません。

デシカント方式

ゼオライト(水を吸脱する乾燥剤)で水分を取り除きます。ゼオライトに残った水分はどうするかというと、ヒーターで加熱して水分をとばします。

その水分を含んだ高温の空気は、熱交換器というところ冷やされて結露し、水分がタンクに溜まります。

ゼオライトを乾燥させるためのヒーターのせいで、コンプレッサー方式に比べて電気代がかかります。

特徴としては

  • ・寒いところでも除湿能力が落ちない
  • ・音が静か
  • ・重量が5〜10kgまでの軽いものが多い
  • ・熱を発生するので室温が上昇しやすく、夏には使いづらい
  • ・価格が安いものが多い

冬の結露対策に使うのであれば、コンプレッサー方式だと頼りなく、デシカント方式の方がおすすめです。私の使うCV-H71もコンプレッサー方式なのですが、15℃以下では自動で霜取りするので、効率が悪くなります。

電気代はどのくらいかかるのか

コンプレッサー方式かデシカント方式かでかなり違ってくるのですが、デシカント方式はヒーターが必要になる分、電気がたくさん必要になります。同じ除湿能力のもので比較してだいたい3倍強ほど違ってきます。

私が使っているCV-H71はコンプレッサー方式で、除湿能力が7.1L/日なのですが、強で動かして180〜190Wなので1時間で5円ほどになります。

除湿能力で選ぶ

除湿能力は1日中動かしたとしたら、どれだけの水が取れるかで表します。CV-H71は7.1L/日なので、1日で7.1L、1時間だと7.1÷24≒0.3L取れることになります。

使う部屋の大きさによって必要となる目安の除湿能力が決まっています。製品の説明に「○○畳まで」という風に書かれているでしょう。

除湿機は部屋干しにも使える

衣類乾燥機という名称で販売されているほど、除湿機は部屋干しのためにもよく使われているのです。

部屋干しで使うのであれば、洗濯物から大量の湿気が出てくるので、干す部屋よりもやや広い部屋に対応した除湿性能のものを選びましょう。あと部屋干しは、広い部屋よりは狭い部屋、そして換気扇をしっかり回しながら干すのがコツです。

特徴ごとのおすすめの除湿機

湿度設定ができる除湿機

希望の湿度を設定すると、部屋がその湿度に保たれるように調整してくれる機能を持つものがあります。

設定ができないものだと、ずっとつけていたら乾燥しすぎてしまうかもしれません。でも湿度が設定できるものならそんな心配はいりません。

【三菱 MJ-P180NX-W】
5段階の湿度設定が可能です(70・65・60・55・50%)。市販のホースをつないぐと、いちいちタンクの水を捨てなくても連続的に排水してくれます。

【ARTDOU】
こちらも湿度設定が可能で、さらに現在の湿度も表示してくれるようです。それだけの機能を備えながら、除湿能力もしっかりとある割にはずいぶんと価格は抑えめです。海外メーカー製っぽいですが。

部屋干しに嬉しいプラズマクラスターと自動でスイングするルーバー

【シャープ CV-G120-W】
自動でルーバー(吹き出し口の羽)が動いてくれるので、洗濯物を広範囲に並べても全体に風を当ててくれます。

そして絶対にお伝えしないといけないのが、シャープ独自のプラズマクラスターのおかげで部屋干し最大の敵、生乾き臭の原因である雑菌の繁殖を抑えてくれます。

あと、現在の湿度を表示してくれる機能もあります。いちいち別に湿度計を用意しなくても済みますね。

重量が13.3kgとけっこう重いですが、除湿能力はパワフルです。

空気清浄機能付き除湿機

【アイリスオーヤマ DCE-120】
除湿機能と空気清浄機能の2つの機能を持ち合わせた異色の除湿機です。空気清浄力も0.3μmを99.97%除去という、オマケ程度ではないそこそこの性能です。

空気の汚れを5段階の色で点灯表示してくれるのも嬉しいですね。つけることで空気がきれいになっていくのが実感できるかもしれません。

私が使っているのはシャープのCV-H71

幅×奥行×高さが304×203×480mmという比較的コンパクトなサイズの割には、7.1L/日(60Hz時)というそこそこの除湿性能です。

シャープの特許技術「プラズマクラスター」で付着カビ菌の増殖を抑えたり、衣類や部屋の消臭効果も期待できます。

重量は9kgと除湿機の中では大きくないほうですがけっこう重いです。キャスターが付いていないので、タンクにたっぷり水が溜まっているときなんかは移動させるのが面倒です。

【シャープ CV-H71】

部屋干しに向いている除湿機

先ほどを書いたとおり、コンプレッサー方式は寒いところが苦手なんです。冬以外の時期か、冬でもリビングで干すのであればコンプレッサー方式で問題ないですが、冬に暖房をつけない部屋、例えば浴室で干すという場合は、コンプレッサー方式だと頼りないかもしれません。

デシカント方式であれば寒いところでも大丈夫です。熱を出しやすいという特徴もありますが、夏にリビングで使うのではなく浴室で使うのであれば夏だろうが問題ないですね。

ですので、年中浴室で干すという人はデシカント方式も考えてみて良いかもしれません。探せば、同じ除湿性能でコンプレッサー方式よりも安いものがあったりします。ただデシカント方式の方が電気代が高いので、トータルで計算してどちらがお得かよく考える必要があります。

実際に計算

トヨトミのTD-Z80G(W)は、デシカント方式で除湿性能が8L/日と、私が使っているCV-H71とほぼ同じくらいの除湿性能なのですが、消費電力は660Wとかなり電気を食うんです。CV-H71は180Wです。

洗濯1回につき乾燥に2時間使ったとして、TD-Z80G(W)は35.6円、CV-H71は9.7円かかります(1kwhあたり27円として計算)。

そして本体の価格はというと、2018年8月現在、TD-Z80G(W)は¥15,977 、CV-H71は¥20,480です。価格差は4,500円ほどです。上の例で言うなら、洗濯を174回すると電気代差とだいたい釣り合います。

洗濯頻度は人によりますが、174回洗濯するのにだいたい2年半くらいかかると思うので、それより長く使うのであればコンプレッサー方式のCV-H71の方がお得です。

【トヨトミ TD-Z80G(W)】

さいごに

部屋の中で室温を調整するエアコンやストーブは当たり前の存在ですが、部屋の快適さを求める上では室温だけでなく湿度も考えなくてはいけません。

さらに洗濯物を部屋干しをするとなると除湿機はエアコンやストーブと並んで必需品になってくるのです。