ペニンシュラ型キッチンのメリットとデメリット

キッチンのレイアウトにはいろんな形があって、どの形が良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。

キッチンの形には、大きく分けてアイランド型ペニンシュラ型があります。ここでは後者のペニンシュラ型キッチンについて紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

ペニンシュラ型キッチンとは

アイランド型はキッチンの台が壁に接しておらず、独立した島のようになっているものです。

それに対して、ペニンシュラ型はキッチンの左右どちらかが壁に接しているものの、半島(ペニンシュラ)のように突き出た形をしています。

メリット

まずはペニンシュラ型キッチンの良い点を書いていきます。

開放感がある

昔からある壁に面したキッチンと違って、キッチンの前を遮るものがありません。調理をしながら部屋全体を見渡すことができるのです。

キッチンにいながら部屋にいる人とコミュニケーションを取ることもしやすいです。そのおかげで料理や洗い物がただのつまらない作業でなくなるかもしれません。

配膳がしやすい

できあがった料理をダイニングテーブルに運ぶのがすごく楽ですです。食べ終わった食器を片付けるのにも便利です。

キッチンの調理をする側とは反対側から料理を盛った皿を取れるので、お皿を持って歩く距離が短くて済みます。

キッチンとダイニングがドアで区切られている間取りだと料理や食器を運ぶのがけっこう面倒です。しかし、ペニンシュラ型キッチンだと効率よく配膳や片付けをすることができるのです。

冷暖房をLDKと共有できる

キッチンとリビングが分かれていると、キッチン専用の暖房器具でも置かない限り夏は暑く冬は寒いです。

LDKがまとまっていれば部屋は大きくなりますがキッチンも冷暖房の恩恵を受けられるのです。

アイランド型に比べると汚れに強い

一般的なペニンシュラ型キッチンのレイアウトでは、壁に接する側にコンロが配置されます。そしてコンロの横に加えて、前にも壁がついているのもよくあるスタイルです。

油ハネ

コンロの前と横が壁で囲まれていると、炒め物をしたときの油ハネで汚れる範囲が抑えられますよね。掃除がしやすいことはキッチンではとても大切です。

換気効率

2方向が壁で囲まれている分、アイランド型に比べると換気の効率が良いです。

オープンキッチンの開放感を楽しみたいけれど、部屋に油煙やニオイが広がるのも避けたいのであれば、アイランド型ではなくペニンシュラ型を選ぶのが賢明です。

デメリット

ペニンシュラ型キッチンの良くない点を書いていきます。

調理中の油煙やニオイが部屋中に充満する可能性

メリットのところでアイランド型よりは換気効率が良いと書きましたが、やはり部屋が完全に分かれているタイプのキッチンに比べると、汚れた空気がリビングやダイニングへ流れてしまいやすいです。

でも、そんな不安を解消してくれるものがあるんです。それはエアカーテンというものです。

アイランド型やペニンシュラ型にはエアカーテンが最適

エアカーテンとは、レンジフードで空気を吸い込むのとは別に、コンロを覆うように上から下へ風を送ることで油煙が周囲へ流れ出ないようにするものです。

詳しくはTOTOのサイトを見てみて下さい。

生活感が出やすい

キッチンのデザイン自体はスタイリッシュでオシャレに見えるのですが、それは物がキレイに片付けれられている場合に限ります。

食器や洗剤、調味料などが乱雑に並んでいれば一気に生活感が出てしまいます。収納を工夫するようにしましょう。

さいごに

ペニンシュラ型キッチンは、オープンキッチンとしての開放感を演出しつつ実用性も兼ね備えたバランスの良いキッチンスタイルと言えるでしょう。

排気性能の良い換気扇を取り付ければデメリットもさほど問題にならないのではないでしょうか。

本当に自分にあったキッチンを選んで下さい。