小樽で気軽に立ち寄りやすい、お寿司!ラーメン!海鮮丼!ランチスポットをご紹介!

小樽は海に面しており、海産物が有名ですよね。『小樽寿司屋通り』といった、お寿司屋が集まっている場所もあります。

でも、そういうお店はちょっと敷居が高いかも…という方の為に、今回は気軽に立ち寄れそうなお店とランチスポットをご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

運河近くが気軽に立ち寄れて安いグルメが多い

小樽駅の正面にある中央通を海の方へと進み、運河のある交差点を右折、しばらく進むと以下の写真のような建物(出抜小路)が見えてきて、その近辺から主に南側がランチを安く済ませられるスポットです。

出抜小路部分もステーキ丼、天ぷら、海鮮食堂などのお店が集まっているエリアです。

地図で示すと以下のようにオレンジ色で囲った部分が、出抜小路を含め、運河食堂、回転寿司などのお店が集まっている場所です。

※地図は拡大したり、移動させたりして周辺を確認することが出来ます。

小樽運河を散策して、オレンジ枠の左上辺りにある『大正硝子館』や『キャンドル工房』を見て、その後に立ち寄りやすい場所でもあります。

観光名所が近く、グルメ集まる出抜小路

上の写真は出抜小路正面のもので、海鮮がギッシリ盛られた丼のある『海鮮食堂』や、半分に切ったメロンの上に大きなソフトクリームをのせた『サンタのヒゲ』があるのが見えます。

上の写真は『カニ屋の水産会社直営』と書かれた看板にメニューの写真もあるのが分かります。

こちらも海鮮がギッシリと盛られていますし、イクラとウニが1:1!とか、ウニオンリー!なんて丼もあるようです。ウニ好きには、たまらない丼ですね。

最後に上の写真は『小樽 なると屋』というお店で、のれんなどに鶏が描かれています。

『元祖 若鶏 半身揚げ』という凄く大きな揚げ物があり、他にも鶏関連の食べ物が色々とあるようです。

海鮮丼やラーメンがある小樽運河食堂

運河周辺はレンガ造りの建物が多く、その1つに上の写真の『小樽運河食堂』があります。地図で確認すると以下の場所にあります(先程の地図のオレンジ枠辺りを拡大しています)。

出抜小路のある交差点から運河を橋を渡った先にあり、食堂内までは見ていませんが、看板に『北海道小樽を堪能する。』とあるので期待できそうです。

食堂内には複数店舗があるようで、海鮮丼、ラーメン、寿司などなど色々楽しめるようになっているようです。

回転寿し 和楽

2018年8月に実際に私達が訪れたのが、この『和楽』というお店で、全国で札幌に3店舗ほどと小樽の1店舗しかない回転寿しです。

場所は、先程の出抜小路のある大通りを南東へ進むと見えてきます。地図だと以下のような位置にあります。

和楽、店内の様子

駐車場も店内も広々としていました。座席数も多いので、混雑していても比較的早く順番がまわってくるかなという印象でした。

脂ののった新鮮なネタ

上の写真はマグロで、1皿約180円。

身がコリコリしておらずスジも無く、とても柔らかく、口の中で溶けていくような美味しさでした。かなりオススメです。

次にネギトロ、1皿約180円。

シャリとトロが1:1くらいの比率なんじゃないかと思うくらいのボリューム!口の中が幸せになれました(笑)

その他のお寿司も大阪や東京の同価格帯の回転寿司と比べて、どれも脂がのって新鮮で、1ランク上な味でした。

かまぼこ専門!かま栄

上の写真は、かまぼこ専門の『かま栄』というお店です。先程の和楽からすぐ近くの場所にあり、写真の店舗は工場直売店のようで、工場見学も可能です。

店舗の営業時間、商品紹介、工場見学の休日の確認はかま栄 公式ホームページでご確認ください。

上の写真は、店舗内の販売カウンターで、かまぼこがパンで包まれた『パンロール』や、チーズの入ったちくわなど、色んな種類のものを楽しめます。

時期によって異なりますが、店内の座席数は多くはないので、ホテルに宿泊の方はホテルに持ち帰って食べるのも良いかもしれません。

かま栄 工場直売店の場所は、以下の地図でご確認ください。

さいごに

当記事でご紹介したお店以外にも『廻転ずしとっぴー』や『牛角』などもあり、オレンジエリア以外にも路地に入ると飲食店があったりと、色んな場所にあるので散策しつつ探すのも楽しいのでオススメです。