引越し時の電気、ガス、水道、灯油の手続き手順

大阪から東京、東京から北海道へと大きな引越しを2回経験し、引越しに随分と慣れたので、引越し時に必要な電気、ガス、水道、灯油の手続き手順について解説していきます。

また、手続きや立ち会い日時はどうしたら良いのか、長距離引越し時の経験も含めてご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

解約時

まず、現在済んでいる物件から新居へ引っ越す際に、現在契約している電気などはどう解約したら良いかについて書いていきます。

電話は遅くても1〜2周間前までにする

電気、ガス、水道、どれも解約は電話で出来ました。尚、電話は遅くても引越しの1〜2週間前までに済ませておくと良いでしょう。

最近では、ネットでの手続きが可能なところが増えてきているようですので、まずは契約している電気等の会社のホームページを確認してみるのがお勧めです。

ガスは立ち会いが必須となり、日時を決定する必要があるのですが、時期によっては都合の良い時間帯を選べなくなる可能性があるので、早めに電話することをお勧めします。

解約日は引越し日に設定しておくと良いでしょう。

立ち会い時刻

物件自体を解約する際も、管理会社関係の人の立ち会いが必要となるので、その時間よりも早い時間帯にガス等の立ち会いを済ませられるように調整しておきましょう。

電気

電気の解約は電話のみで済ませられる場合もあるのですが、東京電力の場合、物件がオートロックだと立ち会いが必要でした。そのため、立ち会い日時を決める必要がありました。

引越し日よりも前の日に解約しても大丈夫かどうか

電力会社によって違うかもしれませんが、東京電力の場合、引越し日の前日に解約したとしても電気の使用は可能でした。東京電力の人によると、解約してから引越し日まで使用しても問題はなく、その分の請求はどこにもいかないのだそうです。

ガスと灯油

ガスの解約をするためには立ち会いが必須です。

ガス会社によって異なるかもしれませんが、北海道札幌の場合は、ガスも灯油も同じ会社なので1度に解約等の立ち会いを済ませられます。

ガスは電気の時とは違い、解約で立ち会いを済ませると、それ以降使用することが出来なくなりますのでご注意を。

水道

水道は今の所、電話のみで解約を済ませられるとこしか経験していません。立ち会いはする必要がないです。

新規契約時

新居での新規契約時の手続きは解約時とよく似ています。申し込み方法は電話かハガキを送るかの2パターンがありました。電話は早めにしておきましょう。

どのように新規契約したら良いかは、不動産での賃貸契約時に伝えられるはずです。電話での新居契約であれば電話番号を教えられるでしょうし、ハガキでの申込みであれば、新居のキッチン上に置かれたクリアファイルの中に入っていることがあります。

尚、使用開始日は入居日に設定しておくと良いでしょう。

ガス、灯油

ガス、灯油は立ち会いが必須ですので、電話をした際に立ち会い日時を決めておきます。

電気、水道

会社によって違うかもしれませんが、水道、電気の立ち会いは必要ありませんでした。

さいごに

引越しには様々な手続きが必要であり、色んなとこに電話したりと忙しいですが、どこに電話する必要があるのかをメモ帳などに書き出し、立会日はカレンダーなどで管理しておくのがお勧めです。