引越しで訪問なし見積もりはできる?また訪問見積もりではどんなことをするのか

引越し業者のサイトを見ると、どの業者も見積もりをするように勧めていますよね。

訪問した上での見積もりをしてもらうのであれば、日程も決めないといけないので何かと面倒です。

何とかして訪問してもらわずに電話やメール、ネットだけで見積もりができれば、業者の訪問は引越し当日だけになり、ずいぶんと楽になるかもしれません。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

そもそも訪問なしで見積もりができるのか

大手引越し業者ごとに、訪問なしの見積もりが可能なのかどうか調べてみました。

【アート引越センター】
家財が少なければ電話やメールによる見積もりは可能。

【引越のサカイ】
荷物の量によっては電話での見積もりは可能。

【アリさんマークの引越社】
電話での見積もりも可能ではあるが、大きめのトラックを用意することになり、実際よりも料金が高めになってしまうと書いてある。

【ハート引越センター】
学生・単身者向けにネットだけで見積もりができる専用フォームがある。

訪問なし見積もりのメリット

  • 見積もりしてもらうための時間を作らなくて済む
  • しつこい営業を受けずに済む
  • 見積もった結果、利用しないことになった場合でも断りやすい

訪問ありの見積もりでは、営業の人が家に来るのですが、向こうも契約を取るのが仕事なので積極的にアピールしてくることもあります。それがあるからこそ値下げしてくれたりするんですけれどね。

訪問なしの見積もりではそういったやり取りはしないので、断るのが苦手な人にとっては気軽に試せるかもしれません。

気軽に試せる上に、見積もった結果、その業者を利用しないことになったとしても、訪問ありの場合に比べると気楽に断れるかもしれません。

訪問なし見積もりのデメリット

  • 料金が高くなりやすい
  • 値下げ交渉ができない
  • 引越し当日の運び出しがスムーズに進まない可能性がある

訪問しないで見積もりをした場合、引越し当日に荷物がトラックに載らないことがないように、伝えられた荷物に対して大きめのトラックを用意しようとします。そのために料金が高めになりやすいのです。

さらに、訪問することでしか分からない建物の構造やエレベーターの大きさ、周辺の道路事情、トラックをどこに止められるかなどを把握することができないので、引越し当日の運び出し作業が上手く進まなかったりする可能性もあります。

一人暮らしで荷物が少ない人に向いている

一人暮らしの単身で、家具や家財は必要最低限のもののみであれば、訪問なし見積もりを選ぶことも考えて良いかもしれません。ただそれでも、家具の大きさや個数は正確に伝える必要があります。

業者の人は実際に荷物を見るわけではないので、量が少ないとは言え、どれだけ正確に荷物の量を伝えられるかで算出される料金の正確さも違ってきます。

もし申告漏れの荷物があった場合、追加料金を取られる場合があるので注意しましょう。

訪問での見積もり

引越し業者の営業マンが家まで来て、運ぶ家財や荷物がどれだけあるかを目で見て確認します。そこからトラックが何台必要か、作業員が何人必要かなどを割り出し、引越しにかかる費用を教えてくれます。

見積もりにかかる時間は30分から長くても1時間程度です。

大きい家具、家財

ベッドやテーブル、椅子、棚、洗濯機や冷蔵庫などの家電といった大きく壊れやすいものは、トラックの荷台の中でもスペースを取る上に特別な梱包も必要になります。

そのため営業マンはこういった大きな家財がどれだけあるのかをまず一番に知りたがります。

衣類、雑貨、小物類

衣類や食器、日用品などの家具以外の比較的小さな物は、自分で梱包してダンボールに詰めていくことになるのですが、こちらについてはざっくりとダンボール何箱分といった見積もり方をします。

いちいち引き出しの中まで開けて細かくチェックしていくようなことは決して無いのでご安心を。向こうもプロなので、ざっと見渡すだけでだいたいの家財、荷物の量は把握できるみたいです。

あと、ダンボールは自分で用意してもいいですが、向こうで用意してくれます。

訪問見積もりのメリット

  • 正確な料金がわかる
  • 値下げ交渉ができる
  • 訪問見積もり限定の特典を受けられる

交渉なんてできないと思うかもしれないですが、他社の見積もり額を材料にしてみたり、引越しの日程や時間帯を向こうの都合に合わせると値引いてくれたりします。

実際に私が引越ししたときには、見積もりの上で成約したことの特典として、掃除用洗剤とクイックルワイパー、さらに洗濯洗剤までくれました。引越しの前後は何かと掃除することが多いのでけっこう有難かったです。

複数社で見積もり

当然ですが、見積もりをしたからと言って必ずその業者に決めないといけない訳ではありません。複数の業者に見積もりをさせて、その中から一番条件のいい1社を選んで良いわけです。

もし、何か特別に気に入っている業者があるでなければ、複数社で見積もりして、金額や評判を総合的に判断して選ぶのが良いと思います。

予約時間を1時間ずつずらせば、1日で複数社をまとめて見積もりさせることもできます。

見積もりは何日前に申し込むか

普通は、引越し希望日の1ヶ月以上前に申し込めば希望通りに予約できます。見積もり自体は数日ほどですぐに来てくれます。

3月から4月、ゴールデンウィークあたりは繁忙期で予約が埋まりやすいため、1ヶ月前では遅いと思った方が良いです。土日はほぼ確実に埋まっているでしょう。

繁忙期は料金も跳ね上がるので、よほどの事情がない限り繁忙期の引越しは避けることをおすすめします。

さいごに

訪問されるとなると何かと面倒ですが、訪問なしの見積もりはトラブルに繋がることもあるので、なるべく訪問見積もりにすることを勧めます。

私自身、訪問されるのは好きではありませんでしたが、料金が安く抑えられたので訪問見積もりをして良かったと思っています。