同棲する意味とは?価値観の違いを知って、将来を考えるほど大切だと思う事について

好きな人と付き合えるようになった!気になるあの人と付き合うことになった!そして、楽しくてウキウキでデートが終わって帰るときは少し寂しいものですよね。

どちらかが一人暮らししていたらお泊まりすることも増えてきそうですし、そうなると視野に入ってくるのが『同棲』ですよね。

中には何年かの交際を経て同棲もせずに結婚!って方々もいると思いますが、当記事では同性で同棲生活をして約2年が過ぎた私達の経験を元に、同棲の意味と大切だと思う理由をご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

同棲期間が長くなるほどボロが出てくる

同棲を始めて最初の3ヶ月くらいは楽しいことばかりですし、幸せなことばかりです。でも、それはまだお互いに気を遣っていたりボロが出ないように十分に注意しているからです。

最初はお互い、相手に嫌われないようにと自分の嫌な部分や相手への気になる部分への要求を抑えがちです。それに、最初は同棲生活の何もかもが新鮮なので楽しいことばかりです。多少の嫌なことは我慢できます。

でも、そんな我慢はゼーッたい続きません(笑)

同棲生活に慣れてくる頃は要注意

同棲期間が半年、1年近く経過してくると同棲生活にも慣れてきます。すると出てくるのがボロであったり『もうちょっと、こういう事をこうしてよ』っていう相手への要求なんですね。

バイトであれば『この日、空いてる?ちょっと人が足りなくてさ…』、就職した職場であれば『手が回らなくて、この仕事ちょっとやっていてくれないかな?』とかが出てきて、断らずにいるとどんどん増えてきますよね。

同棲生活でもそういった事が発生してきます。仕事よりは断りやすいとは言え、しょうがないっかと我慢することも多いです。でもそれが積み重なると…

喧嘩は避けられない

デートだけであっても相手の気に入らない部分を見つけることは出来ますが、デート中は特に相手に良い印象を持ってもらうと無意識にでも努力しますよね。

でも、同棲生活ではそうはいきません。『そんな些細なことで?』と思うような原因で喧嘩に発展することも少なくはないでしょう。

相手のことがどんなに好きであったとしても、喧嘩はしてしまうものです。むしろ喧嘩をしないカップルというのは、どちらかが凄く我慢し続けている関係です。

同棲生活では、そんな喧嘩の原因になりそうな相手との価値観の違いや、習慣の違いなどなどを見つけやすい期間です。

価値観、習慣の違い、拘りを見つける

私達の例であれば、お風呂に入った後は換気をしますよね?その時にお風呂の扉は開けておくか閉めておくかで、しばらく大喧嘩したこともありました(笑)

他には、ガス代や水道代の節約を理由にお風呂は毎回二人で一緒に入る!という彼女の拘りがあったり、木の箸は使いたくないし、その日のうちに洗わないと気が済まない!などなど(笑)

こんな価値観などの違いは一緒に少なくとも半年以上住んでみないと、なかなか分からないことですよね。

喧嘩をした時に一緒に乗り越えられるかを試される同棲期間

私が同棲生活をして得られる経験で一番重要だと思うのは、相手と喧嘩などをした時に一緒に解決して乗り越えられるようになることです。

もちろん、結婚してからも苦労はありますし、結婚前に同棲をしなくても困難を一緒に乗り越える経験は得られます。しかし、もし上手く行かなかったら最悪の場合、離婚という選択をしなければなりません。

言い方が悪いですが、結婚前の同棲であれば別れるだけで済みます。結婚式を挙げて、両方の親とのコミュニケーションも済ませた後で離婚というのは、身近でそれを見た私としては随分と大変なことに感じています。

結婚前に色々と相手の事を知れるだけ知っておく方が良い

交際、同棲、結婚をピアノの演奏に例えてみると、最初は「この曲良さそう!譜面も見る感じ良さそう!」と感じて練習してみようと始めるわけですね。

そして実際に譜面を見て最初の方を練習しいき、最初は弾けるようになったとします。そしてそこから、いきなり本番で発表会だ!というのが結婚のように思います(笑)

同棲は、譜面を最初から最後まで練習して一通りざっと見て演奏できたら本番の発表会で演奏という感じです。

最初を弾けるようになっただけで発表会に挑むと、途中ってこんな難しい部分があったのか…となりかねません。

一緒に乗り越えた経験値が高いほど、結婚後も様々な事を乗り越えやすい

何度も喧嘩して、その度に一緒に解決できる方法を模索して、仲直りをしていきます。喧嘩のたびにお互いが精神的に成長していきますし、お互いのことをより深く理解するようになり、また喧嘩しても解決しやすくなりますし、喧嘩を未然に防げるようになってきます。

私はその事を2年と少し同棲して学びました。言葉では理解していたとしても、実際に経験するのとでは大きな差があります。

あなたのパートナーは協力的でしょうか? それだけでも、妊娠した時や子供が産まれた後の苦労、大変さに大きな差が生まれると思います。

同棲すると新鮮味が失われる?

よく「同棲をするとドキドキ感や新鮮味が失われる」と聞きますよね。確かに同棲を始めて1ヶ月くらいの頃と比べると、日常生活においては恋人というドキドキ感は減ったかもしれません。

でも、交際していて楽しみや幸せはそれだけはありませんよね?

一緒に住んでいる期間が長くなるほど『家族感』で出てきますが、それによる幸せもとても大きなものです。2人の人生を共有できる幸せも出てきますし、絆が深まる幸せもあります。

ドキドキ感はいろんなところにある

休日に外出してデートしたり、一緒に家で過ごして映画を見たり、一緒にゲームして見たり、それだけでもとても楽しいものです。デートであればいつもと少し違う服装にしてみたり、行き先を大きく変えてみると最初の頃のようなデート気分を楽しめます。

一緒にドキドキを作っていけるかの相性も見るのも、同棲期間で得られることかもしれません。

昔に比べると離婚率が高くなってきているので、同棲はより大切

厚生労働省の調査では、現在から4、50年前と比べると離婚率が2〜3倍に上昇しています。2004年ごろからは少し減少傾向にありますが、それでも高い離婚率です。

そして結婚してから5年以内に離婚する確率も高いです。

同棲してから結婚するカップルが増えている?

近年では同棲をしてから結婚するカップルが増えてきているようです。私の勝手な推測ですが、そういった世代は親の世代を見て慎重になりつつあるのではないでしょうか。

また、「家事は女性がやってくれる」なんて思っている男性が少なくないようなので、きちんと家事も手伝ってくれてお互いの負担を平等にしてくれる相手なのかどうかの見極めも凄く大切だと思います。

子供に親の喧嘩を見せないために、親が離婚という経験をさせないために

両親の喧嘩を見たり聞いたりはしたくありませんよね。喧嘩になる原因は色々とあると思いますが、同棲をしてそこで喧嘩をして相性を確かめて、お互いが納得する形で仲直りする経験が多い方が喧嘩を減らせますし、派手な喧嘩もなくなりますよね。

また、両親が離婚という出来事も子供にとってはとてもショックなことです。従姉妹が子供が2人いる時に一度離婚していて、その時の子供の寂しそうで元気のない顔が印象に残っています。

大人であっても人同士ですし喧嘩を常に避けるのは難しいものです。でも、結婚、子育ての前にしっかりと準備期間があればうまくいきやすいですよね。

この他に同棲して良かったと思うこと

私が個人的に同棲して良かったと思った事をいくつかご紹介していきます。

料理の味付けの好みが似ている

普段、ご飯を用意するのは私の役目です。料理の好みや味付けの好みは、育ってきた環境によっても変わってくるでしょうし、似ていないと料理を作るのが大変です。

その点、好みのが似ていると「こんな感じの味付けなら美味しいかも」と作ってみた料理を美味しく喜んで食べてくれるので、作っている側として嬉しいです(笑)

お互い綺麗好きなのも良かった

彼女は私以上に綺麗好きです。いつもせっせと床などをアルコールで掃除して、お風呂も週1、2回の頻度で掃除してくれています。彼女が潔癖症な部分も多いので苦労することもあるんですけどね(汗)

部屋が狭いですし、現在は節約生活なので片付けるにも限界がありますが、私は部屋の大まかな掃除と片付けを主にやっています。二人で違う分野を分担して掃除片付けしているので、部屋を綺麗に保ちやすくて快適です。

結婚後もうまくやっていけるだろうと自信を持てるようになった

私達は同性なので結婚はまだ一部の地域でしかできません。お互いにお金に余裕が出来たら結婚できる地域に引っ越して、結婚をするつもりです。

現在は結婚前の同棲期間ですが、この経験で一緒にやっていけるという自信をしっかりと持てるようになってきましたし、結婚後も安心して過ごせると思えるようになりました。

互いに協力が出来て、支え合える相手だということを早めに知ることができた

同棲を軽く考えているわけではありませんが、結婚してから離婚というのは大きな苦労を伴います。同棲をしたことで早い段階で、お互いに苦労が平等になるように協力しあえる関係であることを確認、気づけることが出来ました。

そして、体調が良くない時や転職や引越し、大変な時期でも支え合うことをしっかりと確認できて、より深い絆で結ばれることが出来たと思います。

終わりに

同棲は軽い!と感じる方であれば、同棲をする際にどちらかの家に転がり込むのではなく、新しく物件を契約してみると良いかもしれません。契約や引越しなどの初期費用で1人あたり20万以上は必要になりますしね。

同棲でうまくいかないのであれば、結婚しても凄い苦労をするだけでしょうから、お試しではありませんが見極めるためにも同棲はオススメ出来ます。

また、2年や3年、結婚までの期限を決めて同棲してみるのも、相手が同棲を軽く考えがちな時には有効かもしれません。

皆さんも同棲して、結婚へとステップアップしてみましょう!