少しでも安く抑えたい!賃貸物件を契約するのにかかる初期費用について

賃貸マンションの部屋を契約する場合、お金はどのくらい必要になるのでしょうか。また、何のために払うお金なのかについて解説していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

初期費用の目安

一般的な初期費用の内訳と、だいたいの目安です。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
鍵交換代 ¥1.5万〜2万
仲介手数料 家賃0.5ヶ月分〜1ヶ月分
保証委託料 家賃0.5ヶ月分〜1ヶ月分
火災保険料 ¥1.5万〜2万
前家賃(家賃の前払い) 家賃1ヶ月分〜最大2ヶ月分

すべて合わせるとだいたい家賃の5〜6ヶ月分前後になりますが、敷金と礼金は最近では無いところもあるので、上手く抑えられればと家賃3〜4ヶ月分ほどで済ませることも可能です。

実際、現在私達が札幌で住んでいるマンションの部屋は新築物件だったにもかかわらず、上に挙げた初期費用が家賃の3倍ほどで済みました。敷金・礼金がかからなかったのが大きいです。

敷金

住んでいる中で部屋に傷をつけてしまったときの修理費など(原状回復費)に充てる目的であらかじめ入居時に預けておくお金です。

部屋を大切に使って、原状回復費用が請求されるようなことにならなければ、退去時に返ってきます。

敷金は無しのほうが良いのか

初期費用が少しでも安くなるのはやっぱり魅力的です。

空室を作りたくない貸す側としても、敷金を無しにした方が入居者が早く見つかって都合が良いこともあるでしょう。

ただ、敷金を用意できるくらい経済的に余裕のある人の方が信頼度が高まるので、敷金ありの物件の方がこの後説明する保証委託料は安いことがあるようです。

そのため、どうせ返ってくるのであれば、敷金は払っておいた方がお得という考え方もあるのです。

特約事項のクリーニング代に注意

原状回復費とは別に、クリーニング代などと称して汚れの具合にかかわらず退去時に必ず部屋の清掃代を請求されるということが契約書に書かれていたりします。

この特約事項が入っていると、退去時に返ってくる敷金は実質的には清掃代を差し引いた額が返ってくることになります。

礼金

名前の通り、部屋を借りるにあたってお礼として払うお金です。敷金とは違って戻ってくることはありません。

最近では敷金・礼金が0円の物件が増えてきています。

鍵交換代

新しく住み始める部屋の鍵が、前に住んでいた住人の持っていた鍵と同じ型では鍵の役目を果たしませんね。そこで鍵を新たに作り直すのです。

しかし新築の場合はかからないのが普通のようです。

私達が今住んでいるマンションは新築だったのですが、入居時に鍵交換代を請求され、言われるままに払ってしまいました。本当に必要だったのかは今となっては分かりません。

もし新築の場合で請求されたのなら、その場で聞いてみるようにしましょう。

仲介手数料(報酬手数料)

部屋を紹介してくれた不動産仲介業者に払うお金です。不動産屋は、この仲介手数料で儲けているわけです。

家賃は建物の所有者に支払われるもので、部屋を紹介する不動産屋に払うものではありません。

仲介手数料が0円という物件もあります。これは、早く空室の部屋を埋めたいと考えるマンションのオーナーが、入居者に代わって仲介手数料を裏で払っているからなのです。空室が続くよりも、一時的に手数料を払ってでも入居してもらえる方がオーナーにとっては利益になるのです。

保証委託料

賃貸契約をするには、万が一あなたが家賃を払えなくなったときに、変わりに家賃を払ってくれる保証人を用意しなくてはいけません。

しかし、簡単には保証人を用意しにくいこともあって、最近では保証会社に保証人の代わりをしてもらうことが増えています。

保証委託料というのは、契約時に払う初回保証委託料のことで、その後は契約更新時に更新料を払っていきます。更新料は家賃の0.3ヶ月分か、¥10,000の定額となっているケースが多いです。

どこの保証会社と契約するかというのは基本的にはじめから決められていて、入居者が選べることは少ないです。

火災保険料

万が一、火事を起こしてしまった場合に必要になる原状回復費用を補償するために加入します。さらに普通は、自分が所有する家財を補償する内容も含まれています。

家財:◯百万円、修理費:◯百万円、入居者賠償責任:◯千万円といった形で契約書に保証限度額も書いてあります。

ただ、出火の原因が明らかな過失(例えば鍋を火にかけたままだったなど)の場合は補償されないようなのでご注意を。

家賃の先払い

通常、家賃は先払いで払っていくものなので、これから住む分の家賃を契約の段階で払うことになります。家賃とは言っていますが、正確には共益費なども含めた月々払っていくものと同じものを払います。

翌月の頭から入居する場合は、翌月1ヶ月分の家賃を、当月の途中から入居する場合は、当月分を日割り計算したものと翌月1ヶ月分が必要になるので少々多くなります。

さいごに

住む部屋を借りるというのは本当に何かとお金がかかるものです。知っていないと上手く丸め込まれて本来払う必要のないものまで払わされてしまう可能性も無くはないので、しっかりと事前に調べて賃貸契約の世界での常識、相場を身につけてから契約に臨めるといいですね。