洗濯槽の掃除はすごく大切!洗濯物の生乾き臭を防ぐ

洗濯物を部屋で干すと生乾きのニオイが気なったりしますよね。外で干せればいいのですが、忙しくてできないことも多いでしょう。

洗濯物の嫌なニオイを防ぐために、洗剤の種類や干し方など工夫できるところはいくつかありますが、意外と気づいていない人も多いのが洗濯槽を清潔に保つことなんです。

洗濯槽を掃除するだけで生乾きのあの嫌なニオイが劇的に改善されることもあるのです。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

洗濯槽が汚れていると何をやっても無意味

洗濯物の生乾き臭を防ごうとどんなに素晴らしい洗濯洗剤を選んだり、どんなに干し方を工夫しようとも、洗濯槽の裏がカビだらけでは骨折り損のくたびれ儲けです。

なかなか洗濯槽の裏側を目にする機会はないのですが、半年以上一度も掃除していない洗濯槽の裏側は想像以上に汚れていると思ってください。いったん酷く汚れてしまうと、通常の槽洗浄では汚れを落としきれず、業者に頼んで分解しないときれいにならない恐れがあります。

一般的には1,2ヶ月に一回は槽洗浄をするのが良いと言われています。

洗濯槽の掃除の仕方

槽洗浄コースを選ぶ

洗濯機の取扱説明書に書いてあると思いますが、槽洗浄コースでは水を最大水位までためて洗浄します。

コースを選ぶ段階でつけ置き時間も選択します。

給水が始まったら洗たく槽クリーナーを少しずつ入れていきましょう。

水よりもお湯を使うと効果的

冷水よりもお湯を使ったほうが洗剤の成分が活性化するのと、汚れ自体が浮きやすくなります。

熱ければ熱いほど良いわけではありません。熱湯を使うと成分が急速に分解するので危険なのと、効果が持続しないのでつけ置きしても意味がなくなるかもしれません。

半日ほどつけ置き

洗濯機のコースに槽洗浄があれば自動でつけ置きもやってくれます。つけ置きの最中には電源を切らないようにしましょう。

この時に電源を切ってしまうと、次にスイッチを入れたときにすぐに排水の動作から始まってしまいます。つけ置き途中や、排水直前の撹拌ができなくなってしまいます。

ゴミ取りネットの掃除

槽洗浄が終わった後に、ゴミ取りネットにたまったゴミも取っておきましょう。洗濯槽の内側の壁に付いていて、取り外せるようになっているはずです。

洗濯槽が汚れていた場合は、取れた汚れがここにたまっていたりします。

おすすめの洗たく槽クリーナー

【洗たく槽カビキラー(酸素系)】

【まとめ買い】 カビキラー 洗たく槽クリーナー アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー 酸素系粉末タイプ 250g×3個

使ってみたときに黒いワカメようなゴミが出てきたときには本当に出るんだと思いました。他のものでは出たことがなかったので、今のところゴミが出てきた唯一の洗剤です。

【エステー 洗たく槽クリーナー(塩素系)】

洗浄力 洗たく槽クリーナー 洗濯機 洗濯 洗濯槽 クリーナー 550g×2個

洗濯槽特有の嫌な臭いもスッキリ落とせる塩素系クリーナーです。つけ置き時間がたったの3分で効果を発揮するというすぐれもの。これなら定期的な槽洗浄もやりやすくなります。

洗濯槽クリーナーの酸素系と塩素系はどう違うか

酸素系・・・カビなどの汚れを引き剥がす作用が強い。

塩素系・・・殺菌力が強く、カビの発生を予防する力がある。小さな汚れを溶かして落とす作用がある。

しばらく掃除をサボってしまって汚れがこびりついていそうな場合には酸素系で汚れを剥がした上で塩素系で殺菌するのが効果的です。

混ぜてはいけない

ただ、酸素系の洗剤と塩素系の洗剤を絶対に混ぜてはいけません。混ぜてしまうと有毒な塩素ガスが急速に発生します。

通常の使用でも塩素系の洗剤だと塩素ガスは出ますが、ゆっくりと出るので、十分に換気しながら使えば問題にはなりません。

酸素系はドラム式には使えないことも

酸素系の洗濯槽クリーナーは、上でも書いたようにカビなどの汚れを引き剥がして掃除をします。そのため、剥がれた汚れがドラム式洗濯機の排水口で詰まってしまうことがあるそうです。

洗剤によってはドラム式洗濯機では使えないものが酸素系にはあるので注意しましょう。塩素系であればどの洗濯機にも使えます。

さいごに

洗濯槽は見えないところにあるので、なかなか汚れていても気づかないことも多いです。その分、洗濯槽をキレイにするだけで、今までと打って変わって生乾きの臭いが改善されることもあるのです。

もし部屋干ししたときの臭いに悩んでいるのであれば、一度、洗濯槽を徹底的に掃除してみてください。