一人暮らしにおすすめの洗濯機を紹介!容量は何キロがいい?

春から親元を離れて一人暮らしを始める大学生や新社会人には、一人で生活をするために揃えないといけないものがたくさんあります。

その中でも洗濯機はほぼ全ての人が必要になる家電です。コインランドリーで済ますという手段もなくはないでしょうけれど、洗濯のためにわざわざ家を出て、洗い終わるまで待っておかないといけない煩わしさを考えると、家に洗濯機を置きたいものです。

ここでは、実際に一人暮らしの経験のある私が、一人暮らしにはどのくらいの大きさの洗濯機を用意すればよいのかについて書いていこうと思います。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

生活スタイルと洗濯頻度

当然のことですが一人暮らしに限らず、求められる洗濯機のサイズというのは、生活スタイルによって決まる洗濯頻度で違ってきます。

週末にまとめ洗い

一人暮らしの場合で言えば、平日はフルタイムで仕事をしている社会人であれば、洗濯するのは週末にまとめて行うことが多いでしょう。週末にまとめ洗いをするのであれば、6kgの容量は必要になってくるでしょう。

服を一度来ただけですぐに洗濯してしまわずに、何日か着回すのであれば、これよりもだいぶ洗濯物の量は抑えられます。

数日ごとの小まめな洗濯

シフト制の仕事だったりで2,3日出勤しては次の日は1日休みといったような働き方であれば、数日に一度のサイクルで洗濯ができるでしょう。

おそらく、大学生も数日に一度のサイクルで洗濯は可能です。よっぽどたくさんの講義を取って、バイトやら遊びのスケジュールがぎっしりといった人だと違ってくるかもしれないですけれど。

2,3日に一度の洗濯頻度だと、4kgほどの容量で十分です。ただ、少し大きいもの、例えば布団の敷きパッドを洗うには4kgだとギリギリの容量かもしれません。

一人暮らし向けの容量別おすすめの洗濯機

価格、容量、機能面でバランスの取れた洗濯機を紹介します。槽洗浄は、紹介する全ての機種でできますが、一部で風乾燥ができないものがあります。価格は、価格ドットコムを参考にしています。

どのメーカーでも、6kg以下の容量では縦型洗濯機しかラインナップがなく、機能も基本的なものにとどまります。価格とちょっとした好みで選んでいくことになると思います。

6kg

【パナソニック NA-F60B12】
¥42,200~¥63,570
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。独自のパルセーターで立体的な水流を生み出し、洗濯量が少なく水位が低い場合でもしっかり洗えます。

【シャープ ES-GE6B】
¥34,800~¥46,500
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。シャープならではの穴のない洗濯槽で、洗濯槽裏の汚れに悩まされません。

5.5kg

【シャープ ES-GE5B】
¥33,800~¥42,800
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。

5kg

【東芝 AW-5G6】
¥29,850~¥44,258
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。

【日立 NW-50C】
¥37,000~¥47,000
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。

【パナソニック NA-F50B12】
¥38,200~¥55,770
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。

4.5kg

【東芝 AW-45M7】
¥26,100~¥40,824
基本的な機能はありますが、風乾燥はできません。

【シャープ ES-GE4B】
¥29,740~¥37,300
基本的な機能に加え、風乾燥ができます。

乾燥機能が優れるドラム型洗濯機

ドラム型は容量が7kg以上のものがほとんどで、一人暮らしには大きすぎるのですが、乾燥機能が優れているので、日中家にいないことが多い社会人にとっては、夜だろうと好きなときに洗濯ができることは大きなメリットになります。

家に浴室乾燥機があれば、それを使っても良いのですが、電気代はというとヒートポンプ式の乾燥ができるドラム型洗濯機の方に軍配が上がります。

フルタイムで働いているけれども、洗濯は小まめにやりたいという人であれば、少しお値段はしますがドラム型洗濯機も選択肢に入れても良いかもしれません。

パナソニックのNA-VG720という機種は、ドラム型の中ではすごくコンパクトなためマンションでも置きやすく、一人暮らしで使うとしても無難だと思います。容量は7kgです。

パナソニック 左開き ななめドラム 全自動洗濯機 (容量7kg/乾燥3kg) (シャンパン) (NAVG720LN) シャンパン NA-VG720L-N

さいごに

一人暮らしでは家事を何から何まで自分でやらないといけませんし、一人で暮らすというのは何かとコストがかかるものです。洗濯機の一台にしても自分にあった無駄のない物を選ぶようにしましょう。