おすすめの洗濯機を特徴ごとに紹介!縦型とドラム型はどう違う?

今どきの洗濯機は、価格が5万を下回るものから20万を超えるものまであって、どれが自分に最適なのか迷ってしまいます。

メーカー各社のホームページをのぞいてみると、何やらスゴそうな機能が付いていて心を奪われそうなものがありますが、たいていそういうものは価格を調べるとびっくりすることが多いです。

高ければ何でも良いわけではありません。ここではあなた自身の生活スタイルに合った本当に良いものを選べるように紹介していこうと思います。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

縦型洗濯機とドラム型洗濯機の違い

縦型洗濯機は、ドラム型洗濯機と違って洗濯槽に水をたくさんためて水流を使って洗います。昔から普及しているタイプですが、洗浄力が高いのが特徴です。

洗濯槽の裏側にも勢いよく水が流れるので、洗濯槽の掃除もしやすいです。

しかし、乾燥機能はドラム型に劣ります。ここで言う乾燥機能というのは、風乾燥のような簡易乾燥機能ではなく、完全に乾燥させる機能です。

洗浄力の縦型、乾燥機能のドラム型

ドラム型は、ドラムの回転に合わせて衣類が持ち上げられては落ちるという動きの中で宙に舞う時間があるので、空気に触れやすく乾燥させることに向いています。

そしてドラム型の乾燥方式は、縦型には少ないヒートポンプ式のものが多いです。ヒーター式よりもヒートポンプ式のほうがメリットが多いです。

ヒートポンプ式とヒーター式の違い

乾燥方式には、主にヒーター方式とヒートポンプ方式があるのですが、ヒーター式はヒートポンプ式に比べて高温になり安く衣類が傷みやすいです。そして発生した水蒸気を排出のために水に戻すのですが、その際に冷却のために水道水を使うのです。

ヒーター式はヒートポンプ式に比べると、構造がシンプルで価格は安く作れて、縦型洗濯機の乾燥機能に採用されていることが多いです。

そういったこともあり、同じ容量で比べると縦型洗濯機はドラム型洗濯機に比べて安いです。乾燥機能はいらないという人であれば、縦型の洗濯機がおすすめです。

日立 ビートウォッシュ

  • ナイアガラシャワーとX字状のビートウィングを組み合わせたナイアガラビート洗浄
  • ナイアガラシャワーですすぎも優秀
  • 洗濯のたびに洗濯槽を自動で掃除
  • AIがかしこく最適な洗濯を実現(BW-DX120Cのみの機能)

ナイアガラビート洗浄

たっぷりの水を循環させるナイアガラシャワーで高濃度の洗剤液を洗濯物全体に浸透させます。

さらに独自の形状のビートウィングX(底にあるで回転羽根)が洗濯物を動かしながら、押し洗い・たたき洗い・もみ洗い効果を実現しています。

これらが組み合わさることで高い洗浄力が期待できます。

ナイアガラシャワーのすすぎ

大きな水の流れのナイアガラシャワーは洗うときだけでなく、すすぎのときにも威力を発揮します。ナイアガラシャワーがあるのと無いのでは、すすいだあとの水に違いがあるそうです。 ナイアガラシャワーについて詳しく知りたい方は日立のページ をご覧ください。

洗濯槽の裏側を自動で掃除

すすぎ工程と脱水工程の間できれいな水道水を流してカビの温床である洗濯槽の裏側を洗濯のときには毎回きれいにしてくれます(この機能をオフに設定することもできます)。

洗濯槽クリーナーを使った槽洗浄の頻度を減らすことができるのです。

【ビートウォッシュ BW-V80C】

ナイアガラビート洗浄、ナイアガラすすぎ、自動おそうじの機能がついたベーシックなモデルです。

この機種には温水洗浄機能はありませんが、温水を使って洗える上位機種がビートウォッシュにはあります。

【ビートウォッシュ BW-DV80C】

上のものより値段はもう少ししますが、温水洗浄やヒーター式の乾燥ができます。温水で洗うほうが皮脂汚れなどは落ちやすく、黄ばみを防ぐ効果があるのです。さらに部屋干ししたときの臭いも抑えることができます。

容量のラインナップは8、9、10、12kgの4通りです。

AIお洗濯

衣類の汚れ具合や水の温度と硬度、衣類の布質などからAIが自動で洗剤量や洗い時間を決定してくれます。BW-DX120Cのみに搭載された機能です。

汚れが多いから今回は洗剤多めにしようといった判断は人でもできそうですが、具体的な洗剤の量は分からないですよね。

AIだと的確に洗剤量を決定できて無駄のない最適な洗濯を行ってくれます。

東芝

  • ウルトラファインバブルと呼ばれる微細な泡で洗浄効果を高める
  • DDモーターでパワフルなのに低騒音、低振動
  • 自動お掃除モードで洗濯槽を汚れから守る

ウルトラファインバブル洗浄W

ウルトラファインバブルと呼ばれる直径1μm未満のすごく小さな泡には、様々な効果があると考えられており、色んな分野で応用のための研究がされています。東芝の洗濯機では、発生させたウルトラファインバブルが洗浄成分を吸着して繊維の奥まで入り込むことで汚れを落としやすくします。

加えて、ウルトラファインバブルの破裂の衝撃には汚れを浮かす作用もあるようです。

さらにすすぐときには、反対に繊維の奥に残った洗浄成分を吸着してくれるのでしっかりとすすぐことも可能なのです。

DDモーター/S−DDモーター

DDというのはダイレクトドライブの略で、洗濯槽とモータが直接つながっていることから来た呼び名なのです。一般的な洗濯機では、ベルトやギアがモーターと洗濯槽の間に入っているのですが、そういった物をなくすことで静音性を実現しています。

自動お掃除モード

最後のすすぎで使った水を洗濯槽と外槽の間に勢いよく流して掃除します。回転の遠心力が、汚れた水が衣類につくことを防ぎ、また水をかき上げることで洗濯槽の下から上まで掃除ができます。

他社と違うのは、すすぎで使った水を再利用して掃除ができることです。節水にはなりますが、洗濯槽をきれいに保つという観点から見ると必ずしも良いのかは分からないですが。

【ZABOON 8.0kg AW-8D7-W】

東芝 8.0kg 全自動洗濯機 グランホワイトTOSHIBA ZABOON AW-8D7-W

【ZABOON 9.0kg AW-9SV7-W】

東芝にも日立と同様に温水でも洗える上位機種があり、そちらになると値段もけっこうなものになってきます。こちらはカビプロテクトがついていたりと、日立に比べて清潔機能も充実しています。ハイスペック縦型洗濯乾燥機といった感じがします。

容量は9kgか10kgの2通りです。

東芝 9.0kg 洗濯乾燥機 グランホワイトTOSHIBA ZABOON AW-9SV7-W

パナソニック

  • 泡洗浄で洗剤のパワーを最大限に引き上げ自動槽洗浄、ナノイーでいつも清潔
  • 縦型では初の温水洗浄専用ヒーター搭載のNA-FW120V1-S

泡洗浄

洗剤は泡立てることで洗剤液の表面積が増え、表面に集まる界面活性剤が働きやすくなり洗浄力が上がるのです。

パナソニックの洗濯機では、給水の水を洗剤ケース流し、水圧で泡立てることで洗い始めから衣類に泡が行き渡るようになっています。

さらに泡洗浄Wを搭載した機種では、泡を作り出すところを繰り返し巡回させることで、泡立てる効果を高めています。

清潔機能

自動槽洗浄はすべてのパナソニックの機種についており、すすぎの前に洗濯槽の裏にきれいな水をためて回転させることで自動で掃除してくれる機能です。

ナノイーとは、菌やニオイ物質など分解する作用があるとされるOHラジカルにパナソニックがさまざまな工夫を加え、製品に応用できるようにした微粒子イオンです。洗濯が終わった後にナノイーを洗濯槽に充満させてカビの発生を抑えます。

温水洗浄

上で紹介した洗濯機の温水洗浄機能は、温水のミストで洗濯物を温めるだけのものでした。

ところがパナソニックのNA-FW120V1-Sという洗濯機では、洗濯槽の水を直接温めるという縦型洗濯機の業界では初の機能がついています。洗剤の酵素を活性化させて洗浄力を高めることができます。

しかも温水を使って洗える容量が他社のものより多く、15℃なら12kgまで、40℃にしても6kgまで洗えるのです。

東芝のAW-9SV7(上で貼った機種)は温風で温めるタイプの機能で、温水では5kgまでしか洗えません。それと比較してもパナソニックの温水機能の方がパワフルだと言えます。

パナソニック 12.0kg 洗濯乾燥機 温水泡洗浄W シルバー NA-FW120V1-S

ただ、そもそも縦型で温水機能に対応しているのは、パナソニックではこの機種とNA-FA120V1の2つだけで、少々値段もします。それでも、黄ばみを落とすコースやニオイを落とせるコースなどが用意されており、温水洗浄の恩恵を最大限に受けられる縦型洗濯機です。

シャープ

シャープの大きな特徴は洗濯槽に穴が開いていないということです。それのおかげで

  • 洗濯槽の裏側と完全に隔てられているため、洗濯の水が清潔
  • 洗濯槽内側にだけ水をためるので節水になる

主にこの2つが穴なし洗濯槽のメリットです。

通常の洗濯機は、洗濯槽の内側と外側を穴を通して水が行き来できてしまうのです。洗濯槽の裏側というのは、脱水で出てくる水が通るせいでカビが生えやすく、掃除をサボると想像以上に汚れています。

穴あり洗濯槽で洗濯するというのは、汚れたところを行き来する汚い水で洗っていると言っても過言ではないのです。

穴なし洗濯槽だと、洗濯槽の内側さえキレイにしておけばクリーンな水で洗濯ができるのです。これは大きな大きなメリットですが、問題は脱水力です。

穴なし洗濯槽の脱水

そもそも洗濯槽の穴というのは脱水のために開けられているものなので、これを塞ぐということは何かしら別の方法で脱水する必要があるわけです。

シャープの穴なし洗濯槽は内壁がわずかに傾いているので、回転によって生まれる遠心力で引っ張られた水が内壁を伝って上の方へずり上がっていくようになってきています。

加えて、洗濯槽の内側は山と谷が交互に並んだような形をしているので、脱水で出る水が凹んだ谷の部分に集められて上に流れていきやすくなっています。

そういった工夫もあって、穴あり洗濯槽と比べても脱水力に違いは感じられないといった声が多いです。

乾燥機能を重視するならドラム型洗濯機

記事の冒頭でも書きましたが、衣類を宙に舞い上がらせながら乾かすことができます。

加えて、縦型洗濯機には少ないヒートポンプ式を採用していることが多いため、少ない電気代で乾かせるものがドラム型には多いです。

省エネ性抜群のヒートポンプ式乾燥

ヒートポンプというのは、低温部分から高温部分に熱を移動させる装置で、名前は水を汲み上げるポンプに似ているところから来ています。

ヒートポンプ式の高温部分で温めた空気を衣類に吹き付け、水分を受け取った空気を今度は低温部分に当てて冷やし、結露させることで除湿します。その空気を再び温めて衣類にあてるので、高温かつ乾燥した空気で乾かすことができるので効率がいいのです。

衣類から出る水分を空気中に出さずに排水するので部屋の湿度を上げることもありません。

乾いた空気を使う分、ヒーター式に比べ低い温度で乾かすため衣類が傷みにくいというメリットもあります。あまり熱くならないので途中で扉を開けることも可能なのです。

日立 ビッグドラム

  • 風アイロンでシワを伸ばしながら乾燥
  • ドラム型でも大流量で洗えるナイアガラ洗浄
  • 洗濯槽を自動でおそうじ
  • 洗い方や時間を自動で判断、AIお洗濯(一部機種のみ)

風アイロン

乾燥中に、時速約300kmもの高速風を当ててシワを伸ばします。ドラム内の湿度を調節することで袖まできれいに仕上がります。これで乾燥後のアイロンはもう不要です。

ナイアガラ洗浄

強力な循環ポンプで節水しながらでも大きな水の流れを生み出し、さらに押し洗い、たたき洗い、もみ洗いを駆使して縦型に負けない洗浄力が期待できます。

また洗剤が液体か粉末かによって、洗剤の溶かし方や洗い方が変わるようです。

東芝

  • 温水とウルトラファインバブルを組み合わせることで頑固な汚れにも力を発揮
  • 大風量でシワを伸ばす、ふんわリッチ乾燥

温水洗浄

冬でも通常の洗浄力を維持できる15℃洗浄、おしゃれ着をやさしい水流で洗える30℃洗浄、黄ばみを落とせる40℃洗浄、頑固な油汚れ向けの50℃洗浄といったように、目的に合わせて細かく温度を選べます。

ふんわリッチ乾燥

衣類を舞い上げながら、大量の風を当ててシワを伸ばしながら乾燥してくれます。タオルも外干しよりもふんわり仕上がります。さらにシワを伸ばしながら乾燥できる容量が、業界最大の7kgです。

【TW-117A6L】

東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON ヒートポンプタイプ 左開き 11kg グランホワイト TW-117A6L W

シャープ

  • 乾燥フィルターを自動でおそうじ
  • マイクロ高圧洗浄で繊維の奥の汚れまで弾き飛ばす

乾燥フィルター

乾燥工程中は、内部で空気を循環させており、その際に衣類から出るホコリをフィルターで除去するようになっています。

このフィルターは洗濯のたびに毎回掃除する必要があるのですが、シャープの洗濯機ではここを自動で掃除をしてくれて、何回分かのゴミが集まった段階で捨てるだけで良いのです。

マイクロ高圧洗浄

繊維についた汚れは、単に水をかけるだけでは落ちません。しかし、毎秒100万個の水滴を噴射できるシャープ独自のシャワーノズルから微細な水滴を高圧で吹き付けることで、繊維の奥まで水滴が入り込み、汚れをはじき出してくれるのです。

そして、すすぎのときにも繊維の奥の洗剤までも残さず洗い流してくれます。ドラム型だから洗浄力が弱いというのは、過去のことになるかもしれません。

マンションでも使えるコンパクトサイズ パナソニック キューブシリーズ

四角くて無駄のない形状なので、同じ容量の他社製品よりも幅、奥行きで数センチほど小さいです。

コンパクトなだけでなくヒートポンプ式乾燥に加え、温水洗浄が15℃、30℃、40℃、60℃から選べて、機能面でも充実しています。

キューブシリーズの中でも小型のNA-VG720のみ、スマホ連携やナノイー、それから乾燥中のシワ伸ばしの機能はついてないです。しかし容量が7kgというサイズは他社にはないので、ドラム型が欲しいけれど大きいのはいらないということであればぜひオススメです。

パナソニック 左開き ななめドラム 全自動洗濯機 (容量7kg/乾燥3kg) (シャンパン) (NAVG720LN) シャンパン NA-VG720L-N

さいごに

機能を求めていけばけっこう値段のするものが多いです。しかし一度買うと長く使うものなので、余裕があるなら安さだけで決めるのではなく、あなたの生活スタイルにあったベストな洗濯機をぜひ選んでみてください。