MtFが健康診断に行ってきたので、性別はどう扱われるかなどを色々を書きます

2018年で25歳。そろそろ健康も心配な年齢?ということで健康診断に行ってきました。

私は普段、フルタイムで女性として過ごしているMtFであり(名前変更済み、戸籍の性別は男性のまま)、当事者向けに健診での性別の扱いはどうなるのか、などなど書いていきます。FtMの参考にもなるかな?と思います。

※当記事は性同一性障害の方を対象としています。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

見た目次第の場合も

私が健康診断した場所は、大きな健診センターで会社や学校による集団のものではありませんでした。

電話で予約をし、健診日の1周間前くらいに問診票が届いたのですが、性別が女性になっていました。なので、当日に受付で訂正をしてもらいました。

しかし、問診時に「そのルックスでは(男性更衣室に入ると)他のお客さんが混乱してしまう」と言われ、健診は女性として受けることになりました。

このように 声と見た目次第では、心の性別のまま健診できる場所もあります。

外見や声に問題があっても配慮される可能性もある

問診の際に色々と話している感じだと、 トランス初期で外見や声がまだ心の性別に近づけていない人の場合でも、個別に健診を受けたりと配慮して頂けそうな印象 を受けました。

知人が沢山いる場所では難しいかも

周囲が知らない人ばかりの環境であれば、心の性別での健診は難しいケースが多いようで、個別に受けるか体の性別のまま受けるのが多いようです。

体の性別のことは予め話しておくべきかどうか

外見と声が特に問題ない方であれば、心の性別で健診を受けることは可能な場合が多いですが、男女で血液検査などの基準値が異なる項目もあるようなので、問診の時などに伝えておくのが無難なように思います。

ホルモン投与期間が長い場合や、戸籍の性別を変更している場合でも、念の為伝えておいた方が結果が正常に判定されやすいかもしれません。

私の場合はホルモン投与期間が4年以上ありますが、問診の際に相談したところ、結果については男性基準で考えてみるとのことでした。

さいごに

服を着ている時は外見に特に問題がなくても、服を脱いだ際に配慮してもらった方が良いケースもあるかもしれません。問診時によく相談をしてみて下さい。

トイレや更衣室の性別に拘りが強い方もいるようですが、なるべく施設に従うのが良いのかなとも思います。