生乾きの嫌な臭いを防げる部屋干しにおすすめの洗剤を紹介!

梅雨の時期は洗濯物がなかなか乾かなくてうんざりしますよね。乾くのに時間がかかるだけならまだしも、濡れたまま時間が経つと臭いがでてきしまうのは本当に嫌ですね。

ここでは、部屋干ししても生乾きの嫌な臭いがしにくい洗剤を紹介します。生乾きを起こしにくい干し方については下の記事をご覧ください。2つの記事を読んで実践すれば、梅雨以外の時期でも使える失敗しない部屋干し術が身につくはずです。

生乾きの嫌な臭いに悩まされない部屋干しの上手いやり方を紹介!

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

部屋干しで生乾き臭がする理由

洗濯しても完全に落としきれずに残ってしまったタンパク質や皮脂汚れが細菌などの微生物のエサになり、分解されることで臭いのする物質ができるからなのです。大げさかもしれませんが、残った汚れが腐敗しているのです。

どんな洗剤が生乾き臭を防げるか

  1. 汚れを完全に落としきれる洗剤
  2. 汚れが少し残っていたとしても、干す間で微生物の繁殖を抑えてくれる洗剤

大きくこの2つのタイプが考えられます。

①のように汚れを完全に0になくすのは難しいのですが、温水で洗うと洗剤の酵素が活性化し、洗浄効果を高めることはできます。

ただ、汚れを落とすことにだけを追求するよりは②のような殺菌効果、抗菌作用も高めた洗剤が現実的には生乾き臭を抑える上では効果的です。

生乾き臭を抑えるおすすめの洗剤

【花王 アタック抗菌EXスーパークリアジェル】

アタック 洗濯洗剤 液体 抗菌スーパークリアジェル 本体 900g

抗菌作用のあるアルキルアンモニウム塩のおかげで、部屋干でも生乾き臭がしにくくなっています。

メーカーのサイトによると、干し幅1cmでも臭いがしないのだそうです。

それでも漂白剤は入っていないので、一度臭いのしやすくなったタオル類だと、もう少し隙間を開けて、除湿機の風をしっかりと当てて素速く乾かさないと臭いがしてしまうときはあります。

【花王 アタック Neo(ネオ)抗菌EX Wパワー】

【大容量】アタックNeo 洗濯洗剤 濃縮液体 抗菌EX Wパワー 本体 610g

アタック抗菌EXスーパークリアジェルと同じく、アルキルアンモニウム塩が抗菌剤として入っており、それに加えて漂白剤として過酸化水素が入っているんです。

漂白剤の力で普通の洗剤では落とせない汚れや、繊維の奥に潜むニオイ菌、さらには洗濯槽のカビにも威力を発揮します。洗濯槽の裏側は気づかないだけでけっこう汚れているので、洗濯しながらカビ対策もできるのはうれしいですね。

酸素系漂白剤なので安心

漂白剤と聞くと、なにやら危ないものという印象を抱きがちですが、この洗剤に使われているのは酸素系の漂白剤で、ハイターなどに入っている塩素系漂白剤ほどの強さはありません。

気になる色落ちについても基本的には問題ないとされていますが、事が起こってからでは取り返しがつかないので、服の洗濯表示を確認してから使うようにしましょう。漂白剤に関する洗濯表示については、パナソニックのサイトに説明がありますので見てみてください。

【LION 液体部屋干しトップ】

【大容量】部屋干しトップ 洗濯洗剤 液体 本体 820ml

どの洗剤にも入っている界面活性剤は、汚れを引き剥がして水になじませるという重要な役割を持ちます。この洗剤に使われている界面活性剤のポリオキシエチレンアルキルエーテルは、非イオン(ノニオン)界面活性剤という種類のもので、

  • 浸透作用(繊維に水が染み込みやすくする)
  • 乳化作用(引き剥がした汚れを水と混ざり合うようにする)
  • 分散作用(本来水になじまない粉状のものを水中に分散させる)

といった作用が優れているのが特徴の界面活性剤です。温度の影響を受けやすいものの、洗浄力が高いと言われています。

漂白剤は入っておらず抗菌剤は入っているので、漂白剤は気が進まないけれど、生乾き臭は徹底的に防ぎたいという場合にはおすすめです。

粉末洗剤

ここからは粉末タイプです。粉末タイプなので冷たい水には溶けにくかったり、ダマになったりやすかったりと、使い勝手の面では液体タイプの方がいい場合もあるでしょう。

しかし一般的に洗浄力の高さは粉末タイプの方が優れていると言われています。

最近の粉末洗剤は昔のものに比べて冷たい水でも溶けやすいように工夫はされており、ドラム式でも使えるのが当たり前になっています。

【LION 部屋干しトップ 除菌EX】

部屋干しトップ 洗濯洗剤 粉末 除菌EX 0.9kg

上であげた液体の部屋干しトップにはなかった別の種類の界面活性剤が追加され、さらに漂白剤が入っています。

アルカノイルオキシベンゼンスルホン酸ナトリウムという漂白活性化剤が漂白剤のパワーを高めてくれるおかげで、酸素系の漂白剤であっても十分な除菌効果が期待できるようです。

菌・ウイルスまで落とすことで、部屋干しにはうってつけの洗剤と言えるでしょう。

【花王 アタック高浸透リセットパワー】

アタック 高浸透リセットパワー 900g

漂白剤で有名なワイドハイターと共同開発で生まれた洗剤で、汚れやニオイを強力に分解します。黄ばみやシミ、古くなったタオルのニオイまでも落とせます。

除菌成分も当然入っているため、部屋干しの生乾き臭を抑えることはもちろんですが、汚れを落とす力が強いので体操服や靴下の汚れもパワフルに洗浄できます。

【LION 消臭 ブルーダイヤ】

消臭ブルーダイヤ 洗濯洗剤 粉末 0.9kg

汗、皮脂由来のタンパク質汚れを酵素がしっかりと分解することで、ニオイの元となるものを除去します。そのため、部屋干ししても臭くならないという評価が多いです。

さらに漂白成分が服についたニオイそのものも分解します。加えて、加齢臭消臭成分も入っていることで、香りでごまかすのではない本当に消臭ができる洗剤です。

微生物の繁殖を抑えるには

微生物が繁殖するには、適度な温度水分が必要です。この2つのうちどちらか一方だけでもなくしてやれば繁殖は抑えられます。

温度をなくす、つまり寒くしてやれば雑菌の繁殖が抑えられますが、肝心の洗濯物が乾きません。

早く乾かす

そのため、水分をなるべく早く無くしてやることが部屋干しでの1つのポイントです。冒頭で紹介した別記事の方ではその方法を説明しています。

余談ですが、生物なら酸素をなくしてしまえば繁殖を抑えられると思ってしまいがちですが、酸素がないところでも生きられるものもいるんです。酸素があるところだと逆に死んでしまうものもいますが、酸素があってもなくても生きられるやつがいて、大腸菌、腸球菌がそうです。

生乾きを防ぐには槽洗浄も大切

洗濯槽の裏側は目にすることもないので、気づかないうちに汚れていることが多いです。

洗濯槽が汚れていると、いくら洗剤や干し方を工夫しても意味がありません。

洗濯槽の掃除については別の記事で紹介しているので良かったら読んでみてください。

さいごに

最近は、花粉やPM2.5を心配して部屋干しするという人が増えているそうです。生乾き臭は部屋干しにおいて宿敵ともいえる課題ですが、洗剤や干し方などを工夫すれば防げるものなのです。みなさんもぜひ気持ちのいい洗濯ができるようになってください。