『〜は』の表現・人称代名詞の主格の基礎【スペイン語】

日本語で『私は』や『彼らは』のような人称代名詞の主格の表現をするとき、スペイン語ではどういう風な使い方をし、どんな文の形になるのかを簡単にご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

一般動詞に続く基本的なもの

英語には『I(私は)』や『He(彼は)』といった人称代名詞の主格があります。それらはスペイン語にもありますが、場合によって、同じ『I(私は)』であっても形が変化することがあります。

まずは、一般動詞に続く場合のものをザックリと見てみましょう。以下の2つの表のうち、最初は単数のものを、2つ目は複数のものを紹介しています。

日本語 スペイン語 英語
私は yo I
あなたは you
貴方は usted you
彼は él he
彼女は ella she


日本語 スペイン語 英語
私達は nosotros we
私達は nosotras we
あなた達は vosotros you
あなた達は vosotras you
あなた方は ustedes you
彼らは ellos they
彼女らは ellas they

ほとんどの場合、省略される

上の表で主格をまとめましたが、これらが文章や会話で使用されることはほとんどありません。大抵は省略されます。

(Yo) Vivo en Japón.
(I live in Japan.)
((私は)日本に住んでいます。)

上の例文のように、英語だと『I』を省略することは出来ませんが、スペイン語の場合は『私は』に相当する『Yo』は省略することがほとんどです。

ではなぜ、省略しても構わないのでしょうか。まずは、以下の例文を見てみましょう。

(Yo) Vivo en Japón.
(Él) Vive en Italia.
(Ellos) Viven en el Reino Unido.

日本語訳は上から順に下のようになります。

私は日本に住んでいる。
彼は(彼女は)イタリアに住んでいる。
彼らは(彼女らは)イギリスに住んでいる。

色々と主語を省略しがちな日本語であっても、上の例文の『彼は』や『彼らは』を省くと、主語が何なのか分からなくなってしまいますが、スペイン語であれば省略しても意味が通じるものが多いです。

文から主語となる人称代名詞が何であるかは、その文の述語動詞を見れば分かります。

動詞の変化

さて、もう一度、述語動詞に注目して文を見てみましょう。青線の部分が述語動詞です。

(Yo) Vivo en Japón.
(Él) Vive en Italia.
(Ellos) Viven en el Reino Unido.

述語動詞が主語にくるものに応じて変化していますね。『住む』という動詞の原型は『vivir』で、主語が『Yo』の時は『vivo』、『El』か『Ella』の時は『vive』、『Ellos』か『Ellas』のときは『viven』に形が変化します。

主語の人称に応じて動詞の形が変わるため、述語動詞を見れば主語の人称が分かるようになっています。なので主語を省略しても意味が伝わることが多いのです。

tú と usted の違い

usted はどちらも二人称で『あなたは』を意味する人称代名詞の主格です。

違いは、tú は家族や友達といった親しい相手に使用する『あなたは』で、usted は初対面や目上、年上の相手に使用する『貴方は』です。

nosotros と nosotras の違い

nosotrosnosotras も『私達は』という人称代名詞の主格です。

違いは、もし、その『私達』に含まれる人達が全員女性であれば『nosotras』を使用し、それ以外の時は『nosotros』を使います。

例えば、『私達』に含まれるのが全員男性の時、または、男性と女性の両方がいたならば『nosotros』が使われます。

vosotros と vosotras と ustedes の違い

これらはどれも『あなた達』といった風な意味になります。

英語で『you』は、相手が1人だろうと複数人だろうと『you』を使いますが、スペイン語では相手が1人の時は『tú』などを使い、話し相手が複数人の時は『vosotros』などを使い分けます。

vosotros と vosotras は、tú の時と同じように親しい間柄で使い、ustedes は usted のように初対面や目上、年上の相手に使用するものです。

また、ustedes の時は相手の性別の区別はしないので、相手が男性のみであっても、女性のみであっても ustedes を使います。

vosotros と vosotras の違いは、nosotros と nosotras の違いと同じです。相手が全員女性なら vosotras 、それ以外の場合なら vosotros を使います。

ellos と ellas の違い

ellos と ellas はどちらも英語の『they(彼ら)』と同じ意味ですが、相手が女性のみであれば ellas 、それ以外であれば ellos を使います。

nosotros や nosotras の時と同じですね。

一般動詞に続かない表現・『〜は〜だ』

日本語で『〜は〜だ』や『〜は〜である』など、主語が一般動詞に続かない時、英語でいう『I am ~』『You are ~』のように主語が be動詞に繋がる表現をする場合、スペイン語では、一般動詞に続く場合とは違う表現をします。例えば以下のような文について考えてみましょう。

Soy de Japón.
I am from Japan.)
私は日本の出身です。

『Soy』は『私は〜です』や『I am』を意味する単語で、どちらかと言えば be動詞的な使い方をします(活用で主語を判別しやすいため)。

ser と estar

『Soy』は『私は〜』のときの形で、原型は『ser』です。そして、soy とは別にもう1つ、『私は〜です』を表現する時に使える『estoy』もあります(原型は estar)。

soy も estoy も意味としては『私は〜です』となりますが、どう使い分けるのかを解説していきます。まずは ser と estar の活用の一覧を見てみましょう。(三人称には、彼は、彼女は、それは、などが含まれます)

ser estar
私は soy estoy
あなたは eres estás
三人称単数 es está
私達は somos estamos
あなた達は sois estáis
三人称複数 son están

ser と estar の使い分け

ser と estar はそれぞれ、説明する対象や状態、状況などによって使い分けられます。

その使い分けの基準は多数ありますが、この記事では、それを簡単に解説します。

estar

estar は一時的な状態、状況を説明するときに使います。ただ、場所について説明する場合は、一時的なものに限らず、永続的なものについても使われます。

estar を使った例文は以下のようなものがあります。

La ciudad de Sapporo está en Hokkaidō.
(札幌市は北海道にあります(場所を説明))

Ella está enfermos. (彼女は病気です。(体調が悪い))

札幌市が北海道にあるのは永続的なものと考えられますが、札幌市という場所について説明しているので estar を使います。

上の2つ目の例文で『Ella』が先頭にきていますが、会話の流れなどによっては省略も可能です(話の流れで対象の性別が分かっている場合)。

『Está enfermos.』だけでは、対象の性別が不明なので、それを明確にするために está の前に Ella を記しています。

ser

ser は estar と比べると、永続的な状態、状況などを説明するときに使われます。例文には以下のようなものがあります。

Soy Lou.
(私はLouです。(名前を伝える))

Éste es el museo.
(これは博物館です。(物などの説明))

上の例文ですと、名前を伝えたり、物や人などについて説明する時は ser を使います。

es は ser の三人称単数ですが、そのままでは『これ』や『あれ』を指すのか区別が付きません。なので、es の前に『これ』を意味する指示代名詞 Éste をつけています。(博物館を意味する museo が男性名詞なので、『これ』を意味する指示代名詞は éste となっています。もし女性名詞に対して使うのであれば ésta を使います。)

常に動詞が三人称の形になる場合の文の構成

以下の内容は、スペイン語では人称代名詞の間接目的格の解説になるのですが、日本語に訳すと(厳密には一致しませんが)人称代名詞の主格っぽくなるので、この記事で解説しておきます。

英語で『I like chocolate.』という文は『(私は)チョコが好きです』という意味で、『私は』という人称代名詞の主格である『I』の後に一般動詞の『like』が続いています。

スペイン語でも、一般動詞に続く場合は『Vive en Japón.』のような書き方が出来ると記事の最初の方で解説しました。

しかし、一般動詞を使う文でも一部の動詞は常に三人称の形になります。例えば、以下の例文を見てましょう。

Me gusta el chocolate.
私はチョコが好きです。)

上のスペイン語を一般的な日本語に訳すと、上のような訳文になりますが、どちらかと言えば『チョコは私を嬉しい(幸せ)気持ちにさせてくれる』という方がニュアンスとしては正しいかもしれません。

上の例文のように『チョコ』は私の気持ちに作用して『嬉しい』や『幸せ』にさせてくれる物です。こういった表現をする場合は、文の構成が少し特殊なのです。

文の構成

まずは記事の最初で紹介した、主語が一般動詞に続く一般的な文の構成を見てみましょう。

主語の人称に合わせた動詞の形 + 〜。
例: Vive en Japón.

次に、特殊な場合です。

人称代名詞の間接目的格 + 動詞の三人称の形(後に続く名詞の数に合わせる) + 〜。
例: Me gusta el chocolate.

『gustar(〜が好き・〜は私を好きにさせてくれる)』のような一部の動詞は、動詞の形が常に三人称のときのものになり、動詞の前には人称代名詞の間接目的格が必要になります。

また、動詞の後に続く名詞が単数であれば、動詞の形は三人称単数となり、後に続く名詞が複数であれば、動詞の形は三人称複数のものになります。

gustar 以外にこのような文の構成になる動詞には、以下のようなものがあります(一例)。

paracer(〜思う・〜感じる・〜と思わされる・〜と感じさせられる)
permitir(〜許可する・〜可能にする・〜許す)