英語・現在・基本

否定文の作り方 | 一般動詞の現在形

do [does] + not + 一般動詞(原型)』の形にする

一般動詞の前に『do [does] + not + 』を置くと、一般動詞の否定文になります。また、一般動詞は、主語が3人称単数の場合でも『s [es]』が付かなくなります。

主語が3人称単数の時だけ『does』を使い、それ以外は『do』を使います。

I do not drink wine.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

私はワインを飲まない。

上の例文のように、否定文になると、一般動詞の前に『do not』が置かれます。

She does not drink wine.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

彼女はワインを飲まない。

主語が3人称単数になると『do not』ではなく、『does not』になり、動詞も原型を使うようになるので、『drinks』のように『s』を付けずに『drink』のまま使います。

Words (Touch to open)
drink

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

〜を飲む・お酒を飲む【動詞】

wine

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

ワイン【名詞】


短縮形

do [does] + not』の短縮形は以下のようになります。

短縮形
do not
don’t
does not
doesn’t
I don’t like bell pepper.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

私はピーマンが好きじゃない。

It doesn’t snow in summer.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

夏に雪は降らない。