スペイン語・冠詞

冠詞の基礎と一覧【スペイン語・発音音声付きで分かりやすく】

名詞の前に置く、冠詞の基礎について簡単に解説していきます。

をクリック、タップすると、例文などの音声が再生されます。 国旗をクリック、タップすると、地域ごとの発音を聞くことが出来ます。

冠詞ってなに?特徴は?

スペイン語の冠詞は名詞の前に置きます。冠詞を置くことによって、ニュアンスや意味などが変化することがあります。

冠詞には定冠詞不定冠詞があり、どちらの冠詞もつかない場合を無冠詞と呼びます。

冠詞の一覧

以下がスペイン語の冠詞の一覧です。冠詞は、名詞の性別や数によって形が変化します。

定冠詞不定冠詞
男性 単数
el
un
男性 複数
los
unos
女性 単数
la
una
女性 複数
las
unas
中世
lo
なし
un tomate

トマト(が1個)

tomate』は男性名詞で単数形なので、冠詞は男性、単数になり『el』か『un』となります。

las manzanas

(それらの)リンゴ

manzanas』は女性名詞で複数形なので、冠詞は女性、複数形になり『las』か『unas』となります。

定冠詞

定冠詞は主に、会話で既に登場した物事の名詞の前に置かれ、『その』や『それらの』と言った意味になります。

la estación

その駅

el plato

その皿

las fotos

それらの写真

los juguetes

それらのおもちゃ

不定冠詞

不定冠詞は主に、会話で初めて登場した物事の名詞の前に置きます。単数の場合、『1つの〜(〜が1つ)』といった意味合いになり、複数の場合、『いくつかの〜』といった意味合いになります。

una zanahorias

(1本の)ニンジン

unas cucharas

(いくつかの)スプーン

un edredón

(1枚の)掛け布団

unos papeles

(数枚の)紙

無冠詞

無冠詞とは、冠詞が付かない状態のことを言い、例えば、ほとんどの固有名詞は無冠詞で使います。ただし、地名の場合は定冠詞が付くことが多くなります。