私、あなた、彼、彼女・人称代名詞の基礎【英語】

英語で、私、あなた、彼、彼女などのような人称代名詞をどう使うのか、基本的なことを簡単に解説していきます。

※カナ発音は実際の発音に可能な限り近いものを表記していますが、あくまでも補助的なものです。実際の発音は発音記号やそれぞれの言語のルールに従ってください。
また、ここに書かれた発音記号は単語に1対1で対応させたものなので、2つの単語が組み合わさることで(リエゾンなど)発音がやや変化するものもあります。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

人称代名詞とは?その種類は?

人称代名詞とは『私』や『あなた』『彼』『私達』などにように、誰か(何か)の代わりとなる名詞のことです。

人称代名詞には主格、所有格、目的格があり、主格は『私は』や『彼は』のように主語になることが多く、所有格は『私の』や『あなたの』のように、何かを所有している格のことです。そして、目的格は『私を』『私達を』のような意味になり、目的語のように使う時の形です。

人称代名詞は格によって形が変化しますし、私、あなた、彼、彼女など、人称によっても形が変化します。それらを表にすると以下のようになります。

1人・1つ(単数)を指す時

主格 所有格 目的格
I my me
あなた you your you
he his him
彼女 she her her
それ it its it

複数人・複数個(単数)を指す時

主格 所有格 目的格
私達 we our us
あなた達 you your you
彼ら they their them
彼女ら they their them
それら they their them

一人称、二人称、三人称とは?

一人称とは、話し手のことであり、誰かに話すのであれば自分のことを示します。『私』『私達』。

二人称とは、話し相手のことです。『あなた』『あなた達』。

三人称とは、話し手と話し相手ではない誰か(何か)のことです。『彼』『彼女』『それ』『彼ら』『彼女ら』『それら』。

主格・〜は

人称代名詞の主格の一覧を作ると以下の表のようになります。

主格
一人称単数 私は I
二人称単数 あなたは you
三人称単数 彼は he
三人称単数 彼女は she
三人称単数 それは it
一人称複数 私達は we
二人称複数 あなた達は you
三人称複数 彼らは they
三人称複数 彼女らは they
三人称複数 それらは they

主格は主語として用いられることが多く、例文を挙げると以下のようなものがあります。

He is a good soccer player.
彼はサッカーが上手い。)

I want pots and pans.
私は鍋類一式欲しい。)

They are the British.
彼らは英国民である。)

上の例文は全て肯定文であり、is や want、are といった動詞の前にあり、このように主格は主語となることが多いです。

所有格・〜の

所有格は『私の家』『彼の友達』といったように、後に名詞や名詞句などが続き、それに対する所有を表現する時などに使います。一覧は以下の通りです。

所有格
私の my
あなたの your
彼の his
彼女の her
それの its
私達の our
あなた達の your
彼らの their
彼女らの their
それらの their

They are my favorite shoes.
(それは私のお気に入りの靴です。)

I know her birthday.
(私は彼女の誕生日を知っています。)

His brother is really shy and quiet.
彼の兄弟は本当に恥ずかしがり屋でおとなしい。)

目的格

目的格は、文中で目的語の位置にくる時の形です。〜に、〜を、などの意味になることが多いでしょう。

目的格
私に・を me
あなたに・を you
彼に・を him
彼女に・を her
それに・を it
私達に・を us
あなた達に・を you
彼に・を them
彼女に・を them
それに・を them

He teaches us mathematics at high school.
(彼は学校で私達に数学を教えている。)

The boss fired me.
(その上司は私を解雇した。)