Apple pencilの第一世代、第二世代の違い

Apple pencilには、2019年11月現在、第3世代のiPad Proでのみ使用可能な第二世代と、それ以外のiPadで使用可能な第一世代の2種類があります。

この記事では、それらがどう違うのかをご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

充電方法

上の写真は第三世代のiPad Pro 12.9インチで、その上にApple pencil第二世代がマグネットでくっついています。

第二世代のペンシルは、iPadにくっつけるだけで充電が可能で、保管スペースにもなっています。

ペンシルをくっつけた時に、画面にペンシルがくっついたことと、どれくらい充電されているかが表示されます。

普通のiPadでは、このような充電方法が出来ません。

第一世代の充電方法

第一世代のペンシルは、上部にキャップが付いていて、それを外すとLightning端子が出てきます。その端子を上の写真のように、iPad等に突き刺して充電します。

第一世代のペンシルを購入すると、Lightning端子同士を接続出来る2cm程の小さな部品もセットになってくるのですが、小さいですし、使用頻度も少なかったので無くしてしまいました。

第二世代は圧倒的に快適

第二世代のペンシルは、使わない時はiPadにくっつけておくだけ。それで充電も出来ちゃう便利さです。

第一世代はキャップを外さないといけないし、充電する時は受電ケーブルを用意するか、iPadなどに突き刺さなければなりません。

第一世代を使用していた頃は、充電することを忘れがちで、いざ使うという時に充電切れという事がよくあり、ストレスでした。第二世代はいつでも充電満タンなので、いつでも使えます。

第二世代があれば、わざわざ第一世代を使おうと思わなくなります。

書き心地

Apple Pencilチップ - 4個入り

上の商品は、Apple pencilの替え芯です。

第一世代も、第二世代も同じ芯ですが、普通のiPadとiPad Proでは画面にちょっとした違いがあるように感じています。

それは摩擦の違いで、若干ですが第三世代のiPad Proの方が画面の摩擦が大きいため、ツルツルと滑るような感覚はほとんどなく、書き心地が良いです。普通のiPadの画面だと、滑る感覚があります。

第六世代のiPadに、第一世代のペンシルを使っても文字は書けますが、第二世代のペンシルを使って第三世代のiPad Proに書く時の方が、ストレスは減ります。

カツカツ音

第一世代も第二世代も芯は同じなので、そこに違いはありませんが、普通のiPadは液晶部分と実際にペンが当たる部分に隙間があるため、ペンで当たるとカツカツとやや大きな音がします。

iPad Proであれば、そういった隙間はほぼ無いに等しいですから、カツカツと音はなるものの、iPadと比べると小さい音で、音も高くなく、こもるような音です。

摩擦

先程も書いたように、第一世代のペンシルに対応したiPadでは、ややツルツルと滑る感覚があり、時々ストレスになりますが、第二世代に対応したiPad Proでは、だいぶ改善されているため、ストレスはありません。

ただ、どちらもホワイトボードに書いているような書き心地なため、紙の質感に近づけたいのであればペーパーライクフィルムを貼る必要があります。

ペーパーライクフィルムについては、以下の記事をご覧下さい。

ペーパーライクフィルムの利点と使い心地は?iPadにオススメの商品もご紹介

価格

2019年11月現在、Apple公式で価格をチェックしてみると、第一世代は税別で10,800円、第二世代は税別で14,500円であり、第二世代は高めです。

更に、iPadが4万円前後から購入できるのに対し、iPad Proは税別で9〜11万円以上します。

個人的には、第二世代での書き心地などに大変満足しているので、iPadを紙のノート代わりにするにしても、iPad Pro11インチと第二世代のペンシルをお勧めしたいです。

もちろん、普通のiPadは経済的ですし、第一世代であっても他のどんなタブレットよりも書き心地は抜群に良いでしょう。ただ、個人的にはやはり、滑りやすさが気になるので、長時間の使用などではペーパーライクフィルムの使用が必須かもしれません。

長さ、重量、形状など

上の写真は、上から順に、ごく普通のボールペン、第二世代ペンシル、第一世代ペンシルです。

第二世代は第一世代よりも短くなりましたが、それでもボールペンよりも2cm程長いです。

第一世代の方が長いので、後ろ側に重心を感じます。

重量

第二世代よりも第一世代の方が重く感じていたのですが、全く一緒のようです。重さは約20gであり、一般的なシャーペンくらいです。

第一世代の方が重く感じていたのは、先程も書いた通り、重心が後ろ側にあるせいかもしれません。

形状と質感

第一世代ペンシルは完全に丸いですが、第二世代は平らな面もあります。第一世代は転がすとどこまでも転がっていきますが、第二世代はある程度のとこで止まります。

第一世代の表面はテカテカツルツルで、第二世代はマットな感じです。

手に持つと、第一世代は摩擦が感じられますが、第二世代はサラサラとしているので、乾燥した手で持つと滑りやすく感じます。

ただ、第二世代は平らな面もあるので、総合的にはどちらの世代も滑りやすさは変わらないかもしれません。