英語

動詞って何?

人や物事の動作や状態について説明するための語です。

I live in Sapporo.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

私は札幌に住んでいます

特徴

動詞は、現在を表す時、過去を表す時で形が変化します。それ以外にも、動詞の後に『ing』を付けて『〜しているところ』という風に現在進行形にすることもあります。

種類

本動詞と助動詞

述語として使う動詞を本動詞と呼び、それを助けて別の意味を加える助動詞などがあります。

He can play the piano.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

彼はピアノを弾ける

上の例文では『play』が本動詞、『can』が助動詞です。『can』は、可能である意味を表すので、『弾く』が『弾ける』に変わっています。

be動詞と一般動詞

動詞には、単純に主に動作を説明する『一般動詞』と、主語の状態や特徴を説明し、主語と後に来る名詞や形容詞を繋げる『be動詞』があります。

This book is mine.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

この本は私のものです。

上の例文のbe動詞は、『This book(この本)』と『mine(私のもの)』を繋いでいます。

I brush my teeth.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

歯を磨く。

上の例文は『brush my teeth(自分の歯を磨く)』という動作を説明しています。

自動詞と他動詞

動詞には、動詞の後に必ず目的語が必要な『他動詞』と、目的語がなくても文にはなる『自動詞』があります。

また、自動詞の後に目的語を置く場合は、その目的語の前に前置詞を置く必要があります。

We took a train.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

私達は電車に乗った

上の例文で『took』は『take』の過去形で、他動詞なので目的語が必要です。ただし、前置詞は必要ありません。

She went to Shinjuku.

Your browser doesn’t support HTML5 audio

彼女は新宿行った

上の例文で『went』は『go』の過去形で、自動詞なので、目的語である『Shinjuku』の前に前置詞の1つである『to』が置かれています。