ブログで収入を得る仕組みってどんなもの?

これからブログを収益化しようと考えている方向けに、その基本となる、ブログで収入を得て稼ぐ仕組みについて解説していきます。

収益化が可能なブログを用意

世の中には様々なブログサービスがあり、例えばアメブロ、楽天ブログ、ライブドアブログがありますが、無料ブログの場合は収益化が許可されてないものや、様々な理由で収益化には向いていないものが多いです。

そこで、一般的にブロガーが収益化に用いるサービスには主に2つあり、それは『はてなブログ』と『WordPress(ワードプレス)』というものです。これらは公式に収益化がサポートされていたりしますし、収益化に向いたサービスです。

まずは、はてなブログか、WordPressで自分のブログを用意することから始めます。

広告を用意する

ブログで稼ぐ上で主な収益源となるのは広告です。無料ブログでも、自分で何もしなくとも広告が表示されていますが、それとは違って、収益化のためには自分で広告を表示しなければいけません。

Googleが運営しているAdSense、他にも別の会社が運営している a8、バリューコマースといったサービスが広告を用意しており、それらの会社の審査を受けて合格したら、自分のブログの記事に広告を貼り付けて収益化可能となります。

他にも稼ぐ方法がある?

例えば『note(公式ページ)』というサービスを利用すれば、無料で記事を書くことも可能ですが、有料記事を書くことも出来ます。

他には、自信をブランド化させて、ラインのスタンプやグッズ販売も良いでしょう。

ただ、これらは知名度が相当に上がってからの話になると思いますから、まずは広告を貼り付ける方法が無難です。

広告から収益が発生するタイミング

広告から収益が発生するタイミングには主に2つあり、1つ目は『広告がクリックされた時』、2つ目は『広告主が定める目標を達成した時』です。

広告がクリックされた時

『広告がクリックされた時』に収益が発生するタイプのサービスとして有名なのがAdSenseです。

クリックされた時に収益が発生するとは言っても、間違ってクリックしたり、クリックしても数秒で元のページに戻ってしまった場合はカウントせません。

このタイプの特徴は、訪問者に広告をクリックしてもらうだけで収益が発生するので、難易度が低いですし、記事へのアクセスを集めるだけである程度、収益がアクセス数に比例するように増えていきます。

広告主が定める目標を達成した時

『広告主が定める目標を達成した時』というのは、例えば、サービスに会員登録した時とか、指定する商品が購入された時などです。有名なサービスとして、a8.net、バリューコマース、Amazonアソシエイトなどがあります。

このタイプの特徴は、訪問者に広告をクリックしてもらい、さらに会員登録や指定された商品が購入されなければ収益が発生しないため、難易度が高めなことです。

ただし、その分、報酬が随分と高く設定されていることが多いのです。

さいごに

以上がブログで収入を得る仕組みとなります。

紹介したように、手順はとてもシンプルで誰でも簡単に参入することが可能です。ただし、アクセス数を集めたり、収益に繋がるような記事などの工夫はとても難しいものです。