LOULIZCategoryプライバシーポリシー

ブログの内容、記事の内容はどうしたら良い?【ブログで稼ぐ】

ブログで稼ぐために、ブログの内容、記事の内容はどのようにしたら良いのか、どういった事を書けば良いのかについて書いていきます。

Contents

検索ユーザーを意識する

ブログへの流入源として最も大きいのは、大抵の場合、Googleなどの検索結果からとなります。

当ブログでも、2020年1月現在、過去30日間のデータをみて見ると、検索結果からの流入が約97%であり、続いてダイレクトが約3%となっています。

SNSからの流入がほぼ0なのは、対策をしていないからですが、対策をしたとしても検索結果からの流入が圧倒的であることには変わりないでしょう。

よって、ブログで稼ぐためのブログの内容は、検索ユーザー(Googleなどを利用して訪問してくるユーザー)を意識したものになります。

検索キーワードを意識する

Googleなどで検索するユーザーは、ほとんどの場合、知りたい事があったり、疑問を解決するために検索エンジンを利用します。

そして、それらの疑問などは『検索キーワード』となって可視化されます。

そのキーワードを知るために『goodkeyword』というサイトを開き、なんでも良いので単語を入力して検索してみて下さい。

すると、その単語に関連する検索キーワードがたくさん出てきます。これらのキーワードは実際によく検索されているものです。

キーワードから内容を考える

例えば、先程のサイトで『京都』と検索すると、『京都 天気』『京都観光』『京都紅葉』などの関連キーワードが出てきます。

ブログで稼ぐ場合に、書く内容はこのキーワードを元にして決定していきます。

京都観光というキーワードをターゲットにして記事を書くのであれば、そのキーワードでやってくるユーザーは『京都で人気な観光スポットはどこだろう?』や『京都を観光する時はどんな風に見ていったら良いんだろう?』などの疑問を抱いているかもしれません。

なので、『京都でオススメの観光スポット一覧!』とか『京都を観光するのにオススメなルート!』といったタイトルを考えて、タイトルに沿って書いていくと良いでしょう。

軸となるキーワードを定めて収益増へ

例えば『京都駅 ホテル』という検索キーワードを軸にして記事を書いているのであれば、その事のみを書くようにします。

大阪のホテルや、奈良のホテルの情報は可能な限り書かないようにします。タイトルと関係の薄い内容を書くと、ユーザーの離脱に繋がってきますし、収益化にとって悪影響を及ぼしかねません。

タイトル通りの記事を書くことによって、収益増加へとつながります。

ただの記録、日記は書かない

『今日行ってきたお店の料理が凄く美味しかった話!』みたいな、ただの記録、日記はブログで稼ぐ事においては何のメリットもありません。

どういった検索キーワードを意識しているかも不明なので、検索結果からの流入は期待できません。

日記で稼げるのは有名人くらいでしょう。

長期的なアクセスを見込めるテーマを書く

先程の日記であれば、公開当日をピークに数日でアクセス数がガクッと下がるでしょう。ブログで稼ぐことを意識するのであれば、毎日、毎月安定したアクセスを見込めるキーワードを選んで書いていきましょう。

例えば、お年玉についての記事は、正月手前が最もアクセスが多く、それ以外の時期はほとんどアクセスがないでしょう。また、季節性のもの、ニュースなどの一過性のものも避けた方が無難です。

この記事が意識しているキーワード『ブログで稼ぐ ブログの内容』『ブログで稼ぐ 内容』といったような1年中安定してアクセスを見込めそうなものを選んで書いていくと良いでしょう。

さいごに

検索キーワードはユーザーからの問いであり、ブログ、記事はその答えとなるわけで、ブログ管理者はそれを意識して記事を書いていきます。

ただし、常に適切な答えを返せてるとは限りませんし、情報不足になっているかもしれません。

検索結果で順位が上がらない時、狙ったキーワードでなかなか表示されない時などは、様子見も大切ですが、常に問いに対しての適切な答えというものを考え、何度も記事を書き直し、その記事の関連記事の構成の見直しが必要となります。

そういった部分が、ブログの内容、記事の内容を決める際の難しい部分であります。


Amazonアソシエイトってなに?稼ぐ仕組みをご紹介

ブログで収入を得る仕組みってどんなもの?

アドセンス(Google AdSense)ってなに?その稼ぐ仕組み

より早いクロールを可能にしてSEO対策をするsitemap.xmlの書き方

SEO にとって良い影響をもたらす URL とは、どんなものであるか

AMPってなに?対応した方が良い?メリットとデメリットについても解説