リアルなレース体験にはハンコンは必須!G29 Driving Forceを徹底レビュー

レーシングゲームを本当に楽しむのなら、ハンドルコントローラー(ハンコン)はほぼ必須と言っても過言ではありません。

ハンコンのメリットとして、リアルさを感じられる以外にパッド(通常のコントローラー)での操作よりもハンドル操作が微調整しやすくなり、滑らかになります。

実際にG29 Driving Forceを買ってみて分かった使用感や使い心地について書いていきます。

Logitech G29 Driving Force Feedback Racing Wheel Shifter付き シフター ドライビングフォース ロジテック レーシングホイール 輸入品

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

開封してハンコン本体、ペダル、シフターを並べてみる

買ったのは海外版の『Logitech G29 』とシフターの『Logicool シフター LPST-14900』でしたが、特に梱包に問題もなかったです。

海外で使われる3ピンのプラグを日本のコンセントに合うように2ピンに変換するアダプターも入っていました。

海外版ですが、日本で購入したPS4とつないで問題なく快適に使用できています。

フォースフィードバック

車を操作する中で、タイヤを通してハンドルに伝わってくる反動や振動を再現することを言います。フォースフィードバックのおかげで、ハンドルを切ると車の挙動に合わせてハンドルの重さが変わったり、路面の凹凸が手に伝わってきます。

ヘリカルギア方式

G29は、ヘリカルギアと呼ばれる仕組みでフォースフィードバックを実現しています。高級なハンコンで採用されるベルト駆動のものに比べ、ヘリカルギアは音がうるさかったり、滑らかではない特有のガタガタとして動きが出るときがあります。

Thrustmaster製のT-GTはベルト駆動で滑らかなフィードバックだそうですが、値段もけっこうします。

その点、G29はフィードバック機能がついているハンコンの中では値段が高すぎることもなく、コスパが優れていると言えるかもしれません。

Driving Force GTよりも静か

以前は同じくLogicool製のDriving Force GTを使っていました。これにもヘリカルギアが使われていたのですが、Driving Force GTに比べるとG29はかなり滑らかで、音もかなり静かになっています。明らかな進化を感じました。

このフィードバックのおかげで、より本物に近いドライビング感覚を体験できます。パッドでの操作しか知らない状態で初めてハンコンで操作すると、いろんな驚き、発見に出会えるでしょう。

ペダル

ペダルが金属でできているので触れると少しヒンヤリします。以前使用していたハンコンのペダルはプラスチックだったので、G29のペダルからは高級感を感じます。

クラッチが付いている

ペダルが3つ、つまりクラッチペダルもちゃんとついています。一昔前のハンコンにはクラッチペダルはついていないのが普通でした。MT(マニュアルトランスミッション)車の運転が家庭用ゲーム機でもできる時代になったということですね。

ただし、クラッチを使うには別売りのシフターが必要です。シフターがなければ、ハンドルについているパドルシフトを使います。

ブレーキは徐々に重くなる

G29の特徴と言えば、ブレーキペダルの重さかもしれません。アクセルやクラッチは同じ力で5cmくらい踏み込めますが、ブレーキは半分くらい踏んだところから徐々に重くなっていき、100%踏み込むには相当力を入れないと沈み込まないです。

まさに実車の踏み込み感が再現されています。普通、ブレーキは100%踏み込むものではなく、タイヤがロックしないように加減しながら踏むものです。ブレーキが強くかけすぎて車がスピン!なんてことは起こりにくくなるかもしれません。

以前使っていたハンコンはそこまでブレーキが重くなかったので、G29のブレーキは踏み込みにほんの少し時間がかかってしまい、初めのうちはコーナーに入る際のブレーキの感覚が少し違って感じられました。慣れだけの問題です。

滑り止めのゴム

ゴムの足のおかげでフローリングの床に置いても滑りにくいです。ただ、ゴミがくっついてくるとズレやすくなるので定期的に掃除してやるのがいいです。

滑り止めのスパイク

裏側にはスパイクが隠れており、回転させて表に出すと絨毯やカーペットでも使えるようになっています。

ハンドル周り

握りやすいレザー仕様のハンドル

ハンドルのグリップ部分はレザー仕様となっており、内側には編み込みがありオシャレです。握りやすく、滑りにくいです。

形はきれいな円ではなく、膝が当たらないよう下の部分がフラットになったDシェイプと呼ばれる形で、実際のレースマシンなどで採用されている形です。

ハンドルのボタン

デュアルショック4(PlayStation4のコントローラー)のボタンと対応するようになっています。R3、L3ボタンも配置されていますが、アナログスティックを倒す操作とDS4のタッチパッドに相当するボタンはありません。

PSボタンとオプションボタン、シェアボタンは同じような位置にまとまって配置されているのですが、ハンドルを握った状態では指が届かず、手元を見ずに押そうとすると違うボタンを押してしまうことがよくあります。

ゲーム中、リスタートするにはオプションボタンを押しますが、ことのときに間違ってPSボタンやシェアボタンを押すことがしょっちゅうあります。

金属製のパドルシフト

シフターを使わなくても、手元でシフトチェンジができます。F1やレースマシンだけでなく、最近は市販車でもこういったパドルシフトが採用されたりしています。

手前に押すとカチっと音がして心地よく、指が引っかかる部分が縦に長いのでハンドルの上部や下部を握っていてもシフトチェンジがしやすいです。この形と光沢に高級感あって、なかなかカッコいいです。

エンジンの回転数を教えてくれるランプ

エンジンの回転数がある程度まで上がってくると、ボタンエリア上部のランプが点灯します。回転数が上がるにつれて、緑、オレンジ、赤色と点灯部分が増えていきます。

明るいところだと少し分かりにくいですが、部屋を暗くするとよく分かります。シフトチェンジのタイミングを知るのに使えるかいうと、私は使わないですね。シフトチェンジのタイミングはエンジンの音から判断するものなので、完全に飾りです。

ハンドル部分が明るく点灯してくれるので、MT操作が慣れない初心者の方にとってはシフトチェンジのタイミングが分かりやすく、エンジン音だけできるように慣れるまでの段階では便利なのかもしれません。

PS4とPS3モードを切り替えるボタン

ボタンエリアの一番上にPS4とPS3 を切り替えるスイッチがあり、これを切り替えることで両方に対応が可能となっています。

PS3のGT6でもハンドル、ペダルは認識されましたが、PS3はシフターには対応しておらず認識されません。

ハンコン本体の設置

机やテーブルなどの天板を挟んで固定するようになっています。モニターの前に来るように設置するので、レースゲーム以外のゲームをするときには少し邪魔になってしまうくらいの大きさはあります。

ハンコン本体の裏側は配線しやすいようになっている

裏側にシフター、ペダルへのコード、電源コードを挿す穴があり、コードをはめ込んで収納できる空間もあるので、設置した時にスッキリとした見た目になります。

机の厚さが3cmでも設置可能

ハンコンを設置したテーブルは厚さが3cmもあるものですが、問題なく固定できました。そんな厚さでも設置できるので、おそらくほとんどの机で設置が可能でしょう。

ネジをコンパクトに収納

上の写真の中央に写っているのスティック状のものは、ハンコンを机に固定するためのネジです。時計回りに回すと締まっていきます。

ネジを締めたあと、スティック本体は押し込んだ状態で更に時計回りに回すと、押し込んだ状態で固定されて邪魔にならずスッキリと収納できるのです。

本格的なシフター

シフターも握る部分がレザーになっており、車から取ってそのまま持ってきたような質感です。

ギアの位置は中央の上下、右側の上下、左側の上下で6速です。慣れないうちは間違ったところに入れてしまうかもしれませんが、やはり実際に車を運転している感がさらに増します。

車の免許を持っていない私のパートナーは、MT車の免許を取るための練習にも使えるかもしれないと言ってました(笑)

シフトチェンジが上手くいくと気持ちがいい

クラッチペダルを踏み、その間にシフトレバーをさっと入れる。そしてアクセルを開けながらクラッチペダルは戻していきクラッチを繋ぐ。慣れればなんてことはないですが、初めのうちはけっこう難しいです。

ゲーム側のクラッチペダルの認識

グランツーリスモSPORTでは、クラッチペダルを踏んでいるか踏んでいないかのオンオフの2通りでしか認識しないようです。つまり半クラはできないということです。

また、クラッチペダルを踏んでいなくてもシフトレーバーを入れればシフトチェンジができてしまいます(笑)半クラができなくてもゲーム性には特に問題はないですが、少し残念です。

一方Project CARS 2は、設定でいろいろ変えられるのですが、ちゃんとペダルを踏んでないとシフトチェンジができないように設定できます。本物のMT車に近い操作ができるので、こっちだと免許を取るための練習にも使えるかもしれません。さすがレースシムと言われるだけのことはあると思いました。

PCでも認識させられる

PS4やPS3に対応しているだけでなく、PCでも使うことができます。Logicoolのサイトからドライバーをダウンロードすることができます。

PC版のAssetto Corsaでもちゃんと使えるので使い方の幅は広いです。

海外版にはコンセントプラグのアダプターが付いている

海外版を日本市場向けに販売されているものを買ったので、日本のコンセントでも使用が可能なように、3ピンから2ピンへの変換アダプターがついています。3ピンのコンセントにアダプターを接続することで、日本のコンセントでも使用可能になります。

海外版だからと言って、日本のコンセントに繋いだら煙が出るなんてことはないのでご安心を(笑)

おわりに

少し価格は高いですが、一度購入したら5年くらいは使うことになるものですし、レーシングゲームをプレイするなら必須!というくらいにオススメできる商品です。

ハンコンを使ってプレイすることで楽しさが倍増しますので、皆さんも是非『Logitech G29』を使ってレーシングゲームを楽しんでみてくださいね!

Logitech G29 Driving Force Feedback Racing Wheel Shifter付き シフター ドライビングフォース ロジテック レーシングホイール 輸入品

2つのレーシングゲームを比較した『グランツーリスモSPORTとPROJECT CARS 2の違いを比較』の記事も書いているので、興味のある方は合わせて読んでみてください。