26cmか28cm、どっちのフライパンを選んだら良い?浅型と深型の違いも

フライパンは26cmか28cmか、微妙な違いでも悩みやすいですよね。

普段、26cmと28cmの2つのフライパンを使い分けているので、どっちを選んだら良いのか、その使用感やオススメの物をご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

おおきさの違い

まずは実物の大きさの違いですが、上の写真が28cmのフライパンに26cmのを重ねたものです。2cmの差なので、実物で比較してもあまり差はありません。

強いて言うなら、 26cmは2人用で、28cmは3人用かなぁと思います。 もちろん、食べる量やチャーハンのように量が多い場合はまた違ってきます。

浅型と深型の使い分け

上の写真は左側が26cmで、右側が28cmのフライパンです。私が普段使用しているこの2種類は、26cmが浅型(一般的)で28cmのは深型タイプのものです。

写真を見て分かる通り、 深型のものは底が深いため、チャーハンやまとめて作る際に量が多い時に重宝しています。底が深いと具材がこぼれにくいメリットもあります。

深型のデメリットは洗う際にほんの少しですが、面倒であることです。

どちらか1つ買うとすれば?

26cmか28cmか、どちらかを選ぶとすれば先程書いた通り、2人なら26cm、3人なら28cmが良いでしょう。よく食べる人がいるのであれば、2人でも28cmを選ぶと何かと便利かもしれません。

個人的なオススメの揃え方

個人的には、2人の場合、浅型の26cmと深型の28cmを用意しておくと良いかなぁと思います。

理由としては、私が普段それらを使い分けていて便利だと感じるからなのもありますが、26cmは普段の2人分を作るのに向いていて、3,4食分をまとめて作る際や具材の飛び散りを防ぎたい時に28cmが向いています。

3人の場合は、28cmの浅型と深型を揃えるのも良いのかなと思います。 先程も書いた通り、深型は少し洗いにくい場合もあるので、洗いやすい浅型を用意しておくと便利です。

さいごに

普段、以下の2つのフライパンを使用していますので、興味のある方はAmazonで見てみて下さい。

パール金属 フライパン 26cm IH対応 フッ素加工 フォア H-1860
貝印 フライパン 炒め鍋 ( 28cm ) 軽量 ・ 高熱効率 Kai House Select DW-5641