生乾きの嫌な臭いに悩まされない部屋干しの上手いやり方を紹介!

洗濯物はどこで干していますか?梅雨の時期は外で干したくてもできないことも多いですよね。かといって部屋干しすると乾きにくい上に、濡れたまま時間が経つと臭いもしやすくなります。

外干しには何も問題がないように思えますが、実はそんなこともなく、PM2.5や砂埃、花粉のせいでせっかく洗濯したものを返って汚してしまうことさえあるのです。

部屋干しだと、天気に左右されず、さらに外の汚れも気にせずに済むのです。そのため、最近では部屋干しをする人も増えてきているそうです。

ここでは、実はメリットも多い部屋干しの上手いやり方を紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

部屋干しすると生乾き臭がする理由

干してもすぐに乾かなかった場合、洗剤をもってしても落としきれなかった皮脂成分やタンパク質などの汚れが雑菌の餌となって、臭いのする物質が作り出されるために臭いが発生します。

食べ物を放置していたら腐敗しますが、あれと同じようなことが起こっているのです。

適度な温度と水分を雑菌は好みますが、濡れた洗濯物は雑菌の繁殖にとって丁度いい訳です。どうすれば防ぐことができるのでしょうか。

部屋干しで生乾き臭を防ぐには

部屋干ししたときに洗濯物が臭くなるのを防ぐ方法として、

①汚れの洗い残しをなくす
②汚れがわずかに残っていても雑菌が繁殖しないようにする
③生成したニオイ物質を別のものに変える

という3つが考えられます。

③については、あまり聞いたことがないので今後の科学の発展に期待しましょう。でも根本から解決する方法ではないですし、雑菌は繁殖したままなので不衛生ですね。

①の汚れの洗い残しをなくすという方法は、洗剤の種類や洗い方(漂白剤につけ置き、熱湯で洗うなど)を工夫する必要があります。こちらの方法については以下の記事で紹介しています。

生乾きの嫌な臭いを防げる部屋干しにおすすめの洗剤を紹介!

②の雑菌が繁殖しないようにするという方法は、雑菌の活動を抑えながら素速く乾かすことが必要です。乾かすのに時間がかかってしまうと雑菌に繁殖するチャンスを与えてしまいます。

嫌なニオイを抑えながら部屋干しする方法

それでは具体的な方法を説明します。ここでは上で書いた②の方法について紹介していきます。

速く乾かすためには高い温度、低い湿度、空気の流れが必要

晴れた日に外干しするとあっという間に乾くのはなぜかと言うと、外は日があたるところでは温度が高く、湿度も低いです。そして風で空気が流れます。

部屋干しするときも、これと同じ条件を作り出せばよいわけです。

浴室乾燥機がある場合はそれを使いましょう。電気式であれ、ガス式であれ少しコストは掛かりますが、熱風を吹き付けるので効果抜群です。

おそらく部屋干しの臭いで悩む人は浴室乾燥機がない家に住んでいると思うので、ここでは、浴室乾燥機がない場合で書いています。

部屋干しに欠かせないのが除湿機(衣類乾燥機)

洗濯物を部屋干しする上で私がオススメする必須アイテムが除湿機(衣類乾燥機)なんです。上の3つの条件のうち、「低い湿度」と「空気の流れ」を作ることができます。

部屋干しに最適なのは浴室

室温が20℃以上ある時期に先ほど説明した環境を最も作りやすいのは浴室です。24時間換気の排気口があるので、洗濯物から出た水分を効率的に排出できます。

湿度を下げることで乾きやすくする

浴室にそのまま干しただけでは乾きません。除湿機(衣類乾燥機)を使って湿度を下げることで、洗濯物が乾きやすい空間を作ります。

湿度を下げるには狭い部屋のほうが向いているのですが、浴室を選ぶ理由がここにあるのです。

浴室の扉は閉めるか少しだけ隙間を開けておくだけにして、洗濯物から出る湿気が部屋の方へ逆流してこないようにします。(24時間換気に対応した家では、浴室の扉を閉めても換気の空気は流れるように設計されています。)

空気の流れを作る

除湿機からは乾いた風が出てくるのですが、この風も重要です。浴室の湿度を下げるだけでなく、風を当てることで洗濯物の周囲の空気が絶えず入れ替わるようにします。

風があるのと無いのではかなり違ってくるので、風が最もよく当たるように吹き出し口の向きを調整しましょう。

洗濯物の真下に除湿機をおいて、下から風が当たるようにするのがベストです。臭いのしやすいタオル類にダイレクトに当たるよう並べるのがオススメです。

私の経験上、浴室の竿1本にちょうど収まるくらいの洗濯物の量でだいたい2〜3時間あればだいたい乾いています。ときどき洗濯物の向きをや位置を変えたりしましょう。

空気に触れる面積が大きくなるように工夫しよう

タオルをハンガーに掛けるときには、タオルの真ん中で折るように掛けると垂れ下がった部分が重なってしまうので、乾きにくいです。

タオルのなるべく端近くで掛けて、ずり落ちないように洗濯ばさみで固定してして干すと重なる部分が少なくなり、効率よく乾かせます。

プラズマクラスターが雑菌の活動を抑制

シャープの除湿機(衣類乾燥機)にはプラズマクラスターがついており、これには雑菌の活動を抑えてくれる効果があります。

プラズマクラスターの風を当てている間は臭わないのですが、乾ききる前に除湿機を止めてしまうと、臭いの出やすくなった使い古しのタオルだと臭いがしてしまうことがあるのです。そのくらい風を当てている間は細菌の活動が抑えられているということなんです。

洗濯機の風乾燥機能も活用

完全には乾かないですが、風乾燥をするとしないのでは、洗濯機から取り出したときの湿り具合も違ってきます。

扇風機で代用は難しい

除湿機がない場合は扇風機でも良いですが、やはり臭いのしにくさを求めるのであれば、湿度もコントロールできる方が効果的なので除湿機をオススメします。

部屋干しを本気で考えるのであれば、やはり除湿機は必要です。すぐに壊れるものではなく、一度購入すれば長く使えるものですし、部屋で何か湿気が出るようなことをしたときやジメジメした梅雨時でも使えるので使い道も多いです。

冬に部屋干しする方法

さきほどは浴室が部屋干しには最適と書きましたが、冬はまた違ってくるのです。

冬は暖房をつけた部屋が干すのに最適

暖房は部屋につけても、普通お風呂場にまではつけないですね。暖房をつけた部屋は暖かく何より乾燥しているので、お風呂場よりも洗濯物を乾かすのに適しています。

暖房器具の温風が当たるところで干しましょう。部屋の保湿にもなります。

結露に気をつけて

ただ気をつけないといけないのが、暖房をつけている部屋で水分を出すと、冷たくなっている窓などで結露が起こり水滴が付きます。

換気扇を強で回すなどして十分に換気しながら干さないと窓際が大変なことになってしまいます。湿度計を置くなどして、湿度をよく見ておくのが良いでしょう。

石油ストーブは燃えると水分も出している

暖房器具がエアコンや、北海道などに多いFF式ストーブなら乾いた温風を出してくれます。

しかし、石油を燃やしたときの燃焼ガスをそのまま部屋に出すタイプのストーブ(赤い芯が大きく見えているやつやファンヒーターがこれに当たります。)は、燃やしたときに出る水分もいっしょに部屋に放出してしまうので、そこまで乾いた風は出てこないです。

灯油に含まれている炭化水素の分子には、水素原子Hが含まれているので、燃やすと水H2Oが生まれるからです。

こういったストーブを使って部屋干しするのであれば、結露対策としても除湿機も同時に回す必要があるでしょう。

部屋干しにどんなメリットがあるか

梅雨の時期を除けば、冬であっても晴れた日に日向で干せばそこそこ乾くと思います。日光の殺菌効果で臭いもしにくいです。ぶっちゃけ外に干せばいいじゃんと思うかもしれません。

しかし、気にしない人はしないかもしれないですが、近くに主要道路があったりすると花粉や砂埃だけでなく、排気ガスや細かくなったタイヤカスの粉じんが心配です。

部屋干しではそういう心配は無用です。さらに基本的には天気にも左右されません。これは会社勤めをしている人にとっては大きなメリットです。

雨だから外に干せないではなく、雨であろうがなかろうが部屋干しする術を身に付けてしまえば梅雨なんて怖くありません。私がそうであるように。

さいごに

大事なことは、洗濯物を速く乾かすために必要なのは「温度」、「低い湿度」、「空気の流れ」です。除湿機を使うことで、「低い湿度」と「空気の流れ」を作ることができます。

さらにプラズマクラスターがあれば、部屋干しにおける最大の宿敵である生乾きの臭いに悩まされることもありません。

外干しに負けない部屋干しの術を身に付けて、みなさんも常時部屋干し派になってみませんか?