アパホテル【TKP札幌駅前】に2人でセミダブル1部屋に宿泊したのでレビュー!

3月前半に東京成田国際空港からバニラエアを使って新千歳空港へ行き、札幌駅前にあるアパホテル【TKP札幌駅前】のセミダブルの部屋に2人で宿泊したので、泊まり心地やダブルのベッドに2人で寝てどうだったのか、レビューしていきます。

札幌駅からすぐの『ホテル京阪札幌』のレビューもしていますので、興味のある方は是非ご覧下さい!

札幌駅すぐのホテル京阪札幌、セミダブル部屋のレビュー

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

料金や場所

今回利用したのは朝食なしの素泊まりプランで、日曜日、月曜日の1泊2日でしたので少し料金が高かったのですが、 2名1室で(2人で)6400円 でした。

駅からほぼ直線で徒歩5分程 の場所にあり、周辺の他ホテルと比べても随分と安いのではないでしょうか(楽天トラベルからネット予約しました。他のホテルと比較出来るのでオススメです)。

地図で示すと以下のような位置にあります。
※地図は拡大や移動させて周辺を確認することが出来ます。

札幌駅の南側にあり、ホテルから近い道路の地下は広い歩行空間があるため、それを通れば冬場でも比較的楽にホテルに辿り着けると思います。3月上旬の雪の状態は『3月の北海道の札幌の雪、気温は?靴などの服装はどうするのか写真付きでご紹介!』の記事や以下の画像のような感じであり、地下から来る方が便利です。

※下の写真はアパホテル入口前から撮影

ホテル入口からフロントへ

※上の写真はホテル建物内部にあるエレベーター前から撮影

ホテルの出入り口から内部へ入ると細長い通路があり、一見ホテルっぽくないのでビックリするかもしれませんが、奥にエレベーターがありそれを利用することでフロントへ行くことが出来ます。

フロントは6階にある

1階のエレベーター前に到着すると、アパホテルのフロントは6階にあることが分かります。

6階に到着すると目の前にフロントがあるので、チェックインを済ませます。フロント周辺はとても静かであり、チェックインは2,3分で終わります。

鍵を受け取ったら部屋に向かいましょう。建物の6階以上が部屋となっているようです。

部屋内部

上の写真は部屋の出入り口、ドア付近の壁に寄りかかって撮ったものです。壁に寄りかかって出来るだけ広く撮ってもこれなので、部屋は広くはありません。

普段住んでいる部屋の広さによって感じ方は違うかもしれませんが、私はホテルの部屋は狭くて息苦しい感じはしませんでした。

上の写真の右側に鏡があり、切れていますが更に右側には洗面所と浴槽があります。

部屋に入ったらまず鍵をセットする

間取りによって異なりますが、部屋のドアを開けて入り、すぐ右側に鍵を差し込む場所があります。これは部屋のブレーカーのようなもので、 差し込むと部屋の明かりやエアコンを付けることが出来ます。

差し込んだ鍵を抜くと部屋の明かりが全て消えて、エアコンも止まるので、外へ出る時はドアを開けてから抜くことをオススメします。 

幅140cmのダブルベッド

ベッドの上に浴衣と折り鶴が置かれていました。

私は様々な価格帯のホテルに泊まった経験があり、アパホテルはその中でも随分と安く宿泊できるものですが、 ベッドメイキングや枕、ベッドマットでの寝心地は思ったよりも良くて満足できる ものでした。

ベッドはおそらく、身長180cmくらいの男性が2人で寝てもそこそこ快適に眠れるのではないでしょうか。

東京の自宅から札幌までは電車や飛行機、バスを乗り継いで約6時間〜8時間の旅で、昼から夕方までは不動産で賃貸契約の申し込みをするというハードスケジュールでしたが、グッスリと熟睡し、疲れもスッキリとれました。

※下の写真はベッド上に置かれていた折り鶴で、和を感じるデザインです。

エアコンはしっかりと効くが、乾燥しやすい

3月でしたので暖房を弱でつけていたのですが、設定温度は同じでも自宅でエアコンを付けるよりも遥かにしっかりと効いて部屋が温まりました。

そして、 大変乾燥しやすいです。おそらく湿度は20%を切るくらい だと思います。しっかりと保湿することはもちろん、濡れたバスタオルをどこかに掛けておくなど対策をした方が良いでしょう。

お風呂とトイレ、洗面所はやや狭い

お風呂、トイレ、洗面所は最低限のスペースでコンパクトにまとめられています。浴槽の外で身体を拭く時はトイレに便座に触れる可能性があるので注意が必要です。

シャワーの水圧や温度は問題ありませんでしたが、 最初は換気扇がオフになっていたためか少しカビのような臭いがしました。 換気扇をつけるとマシになるので、入室したら換気扇を付けておくことをオススメします。

お風呂場を利用するのは短時間ですし、ドアを締めていれば部屋まで臭うことはないので、あまり気にする必要はないかなと思います。※浴室が汚れているわけではありません。

また、 トイレに便座を暖かくしておく機能はないようです。 部屋が寒いわけではないので、便座が氷のように冷たいってことはありませんが、最初は少しビックリするかもしれません。

タオルや洗面所の小物

今回は2名1室での予約なので、バスタオルとフェイスタオルは2枚ずつあります。それぞれ色が異なるものが用意されています。

歯ブラシやヘアブラシなどは新品のものがそれぞれ袋に入っていました。コップが逆さに置いてありますが、下に陶器の受け皿が置いてあるので清潔かと思われます。

スリッパは革製と布?タイプの2種類

スリッパは2種類あり、何も袋に包まれていない革製のものと、袋に包まれてより清潔なタイプの2種類があります。袋に入っているのは入浴後に履くと良さそうです。

その他に折りたたみの荷物置き場とゴミ箱があります。

冷蔵庫は空で、その他に空気清浄機、ポットなどがある

空気清浄機や冷蔵庫は最初は電源が入っていないため、入室後にスイッチを入れる必要があります。また、冷蔵庫は空っぽです。

その他にお湯を沸かすポットとマグカップなどがありました。

総合評価

札幌駅南口から徒歩5分という立地で近くにはコンビニなどもいくつかあり、格安でありながら部屋は居心地が良く、疲れもしっかりとることが出来ました。

安いからと言って建物が古かったり汚いということはありませんでした。

札幌市内どの建物もそうなのですが、暖房は強めにしている場所が多く、コートを脱いで過ごす場所も多かったです。アパホテルも暖房はしっかりと効いています。

さいごに

費用を抑えつつ快適さも犠牲しないで宿泊するなら、アパホテルは最適な選択でしたので皆さんも検討されてみてはいかがでしょうか?