宅配ボックスは必要?どんなメリットとデメリットがあるか

最近の比較的新しいマンションでは宅配ボックスが付いているところが多く、さらには戸建てでも宅配ボックスを設置するようになってきています。

それだけ宅配ボックスが便利だということですね。

ここでは、宅配ボックスの使い方からメリット、さらには便利なものには付き物のデメリットの側面についても書いていこうと思います。

そして、戸建の家で宅配ボックスを設置する場合にどういった物がいいのかも紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

宅配ボックスの使い方

宅配ボックスとは、配達員が荷物を届けに来たときに住人が留守で受け取れないときにでも、荷物を一時的に保管しておける施錠可能なボックスのことです。

配達員が荷物を預ける時に設定した暗証番号が不在票などに記されているので、その暗証番号でボックスを開けることができます。不在票はポストに入ります。

番号の入力をダイヤルを回して行うものや、0〜9の押しボタンで入力を行うアナログタイプから、液晶パネルを操作して入力する電気式のものがあります。

ボックスが開き、中の荷物を受け取れたら、ボックスは鍵をかけずに扉だけ閉めて、次にまた配達員が預けられるようにしておきます。

宅配ボックスのメリット

不在時でも荷物が受け取れる

わざわざ書くほどでもないですが、ネットショッピングを頻繁に利用する人にとってはとても便利です。

もし宅配ボックスがなかったら、家にいない間に到着した荷物は配送業者でいったん預かることになり、受け取りのために再配達依頼をしなければいけなくなります。

家にはいるが、さまざまな事情で出られないときでも受け取れる

事情は人によって本当に様々でしょうけれど、例えば寝ているときにインターホンが鳴っても出たくないですよね、髪もボサボサですし。

ベランダにいてインターフォンが聞こえなかったり、トイレに入っていたりする場合もあります。

配達員のふりをした不審者が部屋の前まで来ることを防げる

一人暮らしの女性を狙って、配達員のふりをしてオートロックを開けさせて部屋の前まで行き、扉が開くところを狙って部屋に押し入るといった手口があるようですが、受け取る荷物を必ず宅配ボックスに入れてもらうようにしていれば、こういった手口で被害には遭わなくなります。

それでもやっぱり、こんな対策が不要になるような社会になってほしいものですね。

配送業者にとっても負担軽減につながる

留守で荷物が受け取ってもらえないことは配送業者にとっても負担になるのです。再配達する必要があるのと、それまでの間荷物を保管しておかなければいけなくなるからです。

住人がいなくても宅配ボックスに預けられるというのは配送業者にとってもメリットがあるのです。

宅配ボックスのデメリット

ごく稀に鍵をかけ忘れられる

実際に私も一度だけ経験したのですが、ネットで買ったものが留守で受け取れず、宅配ボックスに入れられていたのですが、なんと扉がロックされておらず誰でも開けようと思えば開けられる状態だったのです。

幸い荷物が盗まれていることはなかったですが、ヒヤッとしました。

正直こんなことをされるくらいなら宅配ボックスはなくていいかもと思えたりもしました。面倒でも再配達依頼をするのも悪くないかもしれません。

不在票を別の住人のポストへ投函されてしまう可能性

ボックスを開けるのに必要な暗証番号の書かれた不在票が、配達員の不注意で別の号室のポストへ入れられてしまったというケースが実際にあるそうです。

その部屋の住人が悪い人でなければいいですが、やろうと思えばボックスの中のものを盗めてしまうのです。

マンションの場合は家賃が高くなりやすい

当然といえば当然ですが、宅配ボックスを設置し、セキュリティーの管理をする手間がかかる分、家賃が上がりやすいです。

もし、宅配ボックスにそこまでメリットを感じられない、不要と考えるのであれば、部屋探しの条件で宅配ボックスありの物件を除外しましょう。

不在票をなくすと大変

荷物が預けられているボックスの鍵を開けるための暗証番号は不在票に書かれています。

この不在票を無くしてしまうとボックスは開けられないどころか、荷物を追跡するための番号も不在票に書かれているので配送業者に問い合わせたところで業者側も何もできません。

運良く配達員が覚えてくれていれば良いかもしれませんが、いくつもの家を回る配達員が暗証番号を一つ一つ覚えているとはとても思えません。

マンションの宅配ボックスであれば、管理会社に言ってスペアキーか何かで開けてもらうしか無いでしょう。でも、そのボックスの中身が自分のものであるということを、扉を解錠する前にどうやって管理会社に証明するのでしょうか?これについては、私も経験がないので分かりません。

生もの、代金引換商品は受け取れない

常温では保管できないないものを宅配ボックスなんかに入れていたら腐っていしまいますね。必ず時間指定して、1回で受け取れるようにしましょう。

宅配ボックスで受け取れるのは、既に代金を支払い済みのものか、払込用紙が同梱されているものになります。

戸建の家で設置する場合

押印できる宅配ボックスが便利

戸建ての家に住んでいて宅配ボックスを置くことを検討しているのであれば、値段だけで決めずに押印機能もついたものを選んだ方が後々後悔せずに済みます。

玄関で荷物を受け取るときに、印鑑かサインを求められることがありますよね。そういう荷物というのは、「間違いなくお届けしましたよ」と証明できるものが宅配業者側で必要なのです。

設置した宅配ボックスに押印機能がないと、そういう証明が必要な荷物の場合、配達員は宅配ボックスに預けることができません。そのまま持ち帰ってしまうのです。

大雨が降っても大丈夫な防水性のあるものを

マンションの場合は、一つ扉の中に入ったところに設置されているので問題はないのですが、戸建てで設置するケースだと、雨のことも考えなくてはいけません。

玄関の軒下に置いていても大雨や台風が来ればびしょ濡れになってしまうでしょう。雨は去っても中にまで水が入り込んでしまっていると荷物が受け取れません。

そのため防水性というのは、戸建ての家で設置する宅配ボックスにはほぼ必須といえるでしょう。

おわりに

ネットでの買い物が増えてきているので、宅配ボックスの需要はこれからますます増えてくるでしょう。便利なのは確かですが、その分デメリットもあることを忘れずにセキュリティー性の高いものを選ぶようにしましょう。