オススメのベッドサイズと選び方【同棲・二人暮らし】

同棲といった二人暮らしの場合に考えたいベッドサイズと耐荷重等の選び方をご紹介していきます。

同棲、二人暮らしに必要であったり、あると良い家電や家具などについては以下の記事をご覧ください。

同棲で必要な物とあると良い物の選び方を簡単にザックリと一覧でご紹介

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

サイズ別寝心地

ダブル

ダブルは幅が約140cmあり、二人で寝るのに適したサイズですし、元々二人で寝ることを前提としたサイズなので耐久性の心配もなく、二人用ベッド探しの際も困りにくいです。

稀に、このサイズでも二人で寝るには狭いと感じる方がいるようなのですが、私達(身長165cm前後の二人)の場合は十分広々と快適な寝心地でした。

十分に広いので、互いの体の一部が触れたりすることがありませんし、一人で寝た時とほぼ同じように眠ることが出来ました。

セミダブル

セミダブルは幅が約120cmあり、どちらかと言えばシングルよりは広くゆったり寝たい一人向けのサイズです。

私達は同棲開始から3年間程、シングルで二人で寝ていたのですが、シングル(幅約100cm)より20cmも広ければ二人でも問題ないかなと感じています。

平均的な体型の二人であれば、体は少し触れるかも?程度で、寝返りもまぁまぁ自然に出来るかな?というサイズです。

1Kや1Rでの同棲、寝室が狭い場合はセミダブルが限界になってきます。

シングル

シングルは幅が約100cmで、一人用のサイズとなっています。

先程の書いた通り、私達はシングルサイズで二人で寝ていた期間が3年もあるため、シングルで二人で寝るのは不可能ではないです。ただ、自然に寝返りをうつのは困難ですし、互いの体も触れやすいです。

もし、シングルサイズで二人で寝ることを考えているのであれば、なるべく早いうちにセミダブルか、ダブルサイズのベッドへ買い換えることをオススメします。

シングルの(狭さ)レビューは少し長くなるので、興味ある方は以下の記事をご覧下さい。

シングルベッドは二人で寝ると狭い?疲れる?壊れないのかどうか

選び方

耐荷重がしっかりあること

二人で寝る場合には、それに必要な耐荷重がなければなりません。目安としては、以下のような商品で耐荷重が180kg以上のものを選んで下さい。この商品はダブルサイズのものです。

タンスのゲン 【搬入らくらく圧縮梱包】 脚付きマットレス BONO (圧縮梱包) 一体型 シングル 脚長15cm ボンネルコイル ニット生地 洗えるカバー付き ホワイト AM 000094 02 【 60811 】

ダブルサイズであれば二人用として考えられているので、耐荷重が表記されていなくても問題ない場合が多いですが、セミダブル以下のサイズの場合は注意が必要です。

例えば以下のようなセミダブルの場合は耐荷重が約130kgしかありません。

約60kgの二人が寝ると合計で120kgとなりますが、ここに 布団を載せると更に増えますし、耐荷重というは静止している状態でのものなので、寝返りなどベッドの上で動くと更に負荷がかかります。

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレス セミダブル ベッド 脚長15cm ボンネルコイル ノンホルムアルデヒド アイボリー 39190005 12

セミダブル以下で二人でも耐えられるものを選ぶには、少し候補が減ってしまいますが、以下の商品であればセミダブルでも耐荷重が約200kgあります。

ベッドフレームのみなので上に敷布団を必要としますが、敷布団の重量を加えても十分に耐久性はあるでしょう(耐荷重はお二人の体重を元に計算が必要な場合もあります)。

タンスのゲン 天然木 すのこベッド セミダブルベッド 3段階高さ調節 ブラウン 11719146 DB 【54919】

一体型だと困る場合も

先程ご紹介した以下のベッドは、フレームを縦に2つに分割することが出来ない『一体型』のものです。

二人暮らし用のマンション等であれば問題ないとは思うのですが、ダブルベッドだと幅が140cmもあるため、エレベーターが狭い場合は搬入が難しくなったり、出来ない場合も出てくるので注意が必要です。

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレス ダブル ベッド 脚長15cm ボンネルコイル ノンホルムアルデヒド アイボリー 39190029 02

通気性を確保する

就寝時、特に毛布などを用意する冬は体から出た蒸気がマットレスを通り抜け、下にある木の板で結露したり、蒸気がこもる場合があります。

1つのベッドで二人で寝ると蒸気の量も倍になるので、ベッドにカビが生えるリスクが高くなります。そのため、シングルで二人で寝るのはオススメしません。

蒸気を逃がしやすくするためにもダブルサイズのように広いものを選び、尚且、以下のベッドのように通気性の高いすのこベッドを用意するのがオススメです。

タンスのゲン 天然木 すのこベッド セミダブルベッド 3段階高さ調節 ブラウン 11719146 DB 【54919】

すのこの場合でも、特に冬場は毎日〜数日に一度はマットを上げて乾燥させたりとチェックが必要ですが、マット下が隙間なく木の板で塞がれているよりは、カビのリスクが減るかなと思います。