バストイレ別な賃貸マンションのメリット

SUUMOなどを見ていると『バス・トイレ別』のチェック項目がありますが、わざわざそれを選ぶメリットとは何でしょうか?

実際にバス・トイレが一緒の部屋と、別な部屋両方に住んでいた経験から、そのメリットについて書いていきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

バスタブの中で体を洗わなくて済む

バストイレが一緒だとトイレ側で体を洗うことが出来ないため、バスタブの中で洗う必要があります。

バストイレ別な物件であれば 体を洗う専用のスペースがあります し、少し狭いバスタブの中で体を洗う必要がなくなり、開放感が増します。

シャワーカーテンが要らなくて清潔

バストイレが一緒だと水がバスタブの外へ飛ばないようにするため、シャワーカーテンの取り付けが必須となります。

シャワーカーテンがあると狭さが増しますし、乾きにくいものになるので長期間使うと少し臭いも気になるものです。 バストイレ別であればこれが必要ないので、お風呂場の清潔間が増します。

トイレ側に水滴が付かない

バストイレが一緒だとお風呂に入った際の蒸気がトイレの便器などに付いてしまい、お風呂後はしらばく乾きません。

換気をしてもしばらくは便器が濡れていますし、見た目的にも良いものではありません。バストイレ別であればこういった心配がないです。

入浴中であることを気にせずトイレを利用できる

同棲といった二人暮らしなどであれば、お風呂とトイレを別々に同時に利用したい時もでてきますが、バストイレ一緒でどちらかがお風呂を使用中であれば、トイレに行くのは気まずいですよね。

臭いや音が気になる時もありますが、バストイレ別であればそういった心配も必要ありません。

トイレに収納スペースが増える

バストイレ別な物件であれば、トイレの後ろ側上部にちょっとした収納スペースが用意されています。

バストイレ一緒の物件だとお風呂使用時に部屋が湿気るため、トイレットペーパーなどの置き場所に困りますが、別々であれば湿気の心配がありません。

トイレの収納は扉が付いているものですので、トイレ空間をよりスッキリと見せることが可能になります。

さいごに

一人暮らしであればバストイレが別々であるかは、あまり気にする必要がないかもしれませんが、同棲などであれば別々な物件を探すことをオススメします。

トイレ以外でお風呂場などが見えていたり、トイレの空間が広すぎると落ち着かないものですが、トイレ専用のスペースがあれば落ち着ける気がしているので、そういう面でもオススメです。