Adsenseでの収益化をより効率的に簡単にする自動広告のメリットと解説

AdSense は Googleのサービスの1つで、表示させたい場所にコードを貼り付けるだけで広告を表示させることが出来て、一度貼り付ければ自動的に最適な広告内容が表示されます。そしてクリックされるだけで収益が発生するという手軽さもあります。

数日前までは広告を表示させる場所は手動で行う必要がありましたが、現在ではそのコードの挿入さえも自動で行う『自動広告』の提供が開始されました。

当ブログでも早速それに切り替えたので、その使用感やメリットなどについてご紹介していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

設定方法

まずは上の画像のように『広告の設定』から『コンテンツ』を開けます。すると『自動広告』というものを確認出来るでしょう。それをクリックして自動広告のための設定を進めましょう。設定は2,3ステップだけなのですぐに終わります。

必要な広告を有効化する

有効化内容のごく一部ですが、上の写真のような設定画面で必要な広告を有効化します。他にも下の画像のように『記事内広告』や『全画面広告(モバイルのみ)』などがあり、もしそれらが必要なければ無効化しておくことも可能です。

関連コンテンツに関しては、有効化にしておいてもサイトのアクセス数や記事数によっては表示されないようです。しかし、条件を満たしていれば自動的に表示されるようになります。

上の画像の左下にある『新しいフォーマットを自動的に取得する』にチェックをいれておくと、将来的に新しい広告タイプが配信されるようになったら、それも自動的に挿入されるようになるようです。

広告コードの設置

有効化設定などを終えると必要なコードが表示されるので、サイトの head タグ内へ指定されたコードを設置しておきましょう。コードは以下のようなタイプです。





表示の確認と表示例

広告コードを貼り付けてしばらくすると、自分では設置していない場所に広告が表示されるようになります。上の写真ではヘッダー下、記事タイトル上に1つ目が表示されています。

タイトル上に表示される広告はディスプレイ広告のみのようです。

AdSense ではファーストビューに設置して!とよく耳にしますが、自動広告もここに表示されているので重要さがわかりますね。

目次付近

記事によって広告が表示される位置が異なりますが、目次付近に表示されるものもあります。上の写真のように目次上に表示される場合や、目次下に表示される場合があります。

記事途中

記事途中にも広告が表示されるようになり、記事途中では『記事内広告』のタイプのものが挿入されており、記事に溶け込みやすいデザインとなっています。

このような場所にも表示することで、途中で離脱するユーザーに広告をクリックしてもらうという選択肢を増やすことが出来ます。

記事途中の見出し上に広告を表示するのは WordPress などでも可能ですが、このような文章の途中に表示するのは通常は困難です。更に記事のコンテンツ量に応じて広告量が変化させたりも困難ですので、自動広告は便利です。

写真下

AdSense の規約では、広告と画像を並べて表示させてはいけないとあったはずですが、上の写真のように写真のすぐ下にも自動的に挿入されています。

記事すぐ下

記事のすぐ下はクリック率が良いと言われており、自動広告でも記事下に挿入されていました。

その他

スマートフォンなどのモバイル端末では、ページ単位広告も表示可能になります。

増収となるか

導入してから数日が経過し、大幅な増収となりました。今までは記事内に広告を入れていませんでしたが、自動広告では記事上、記事内と6個も7個も広告が入るので、そのお陰もあって大幅増収です。

具体的な数値は伏せますが、1pv1円といった額も夢ではなさそうです。

自動広告を使うメリット

一番のメリットは 簡単に効率的に収益化をすることが可能になり、コンテンツ制作に集中出来るようになる ということではないでしょうか。

表示位置を手動で決める際は、それぞれの位置でのクリック率、視認率、収益などなど長期間を費やして分析して改善していく必要があります。それは非常に面倒な作業ですし、手動で行うにも限界があります。

自動広告であれば、それらの作業は全て Google 任せにすることが可能となり、 コンテンツ制作に集中出来る ようになります。

難しい配置も可能になる

次のメリットとして、記事内の絶妙な位置への挿入なども可能になるということです。

記事途中の見出し上や文章の途中に挿入するためには、ややこしいコードを書く必要も出てきますし、AdSense の規約にも十分に注意しなくてはなりません。

自動広告であれば、 記事のボリュームに応じて自動的に最適な数を最適な位置で表示させることが可能 になります。それらの位置も常に変動していくでしょうし、増収へと最適化されていくでしょう。

モバイルなら関連コンテンツのハードルも低い

当ブログは現在(2018年2月)時点では月に5000pvもなく記事数も90前後という少なさですが、自動広告をオンにして関連コンテンツもオンにすると、スマートフォンなどのモバイル端末の最下部に広告入りの関連コンテンツが表示されています。

関連コンテンツもかなりの増収と回遊率を高められるものなので、自動広告は導入しておくのがオススメです。

通常は規約違反になりそうな配置も可能になる?

当ブログで確認したところ、1ページに自動的に挿入される AdSense広告が6,7個以上になっているものも珍しくはありません。モバイルだと関連コンテンツが表示されたり、更に量が増えています。

昔は広告は1ページに3個までというルールがありましたし、現在でもコンテンツ量より多い広告は規約違反となりますが、これほどの量が自動的に挿入されるのは驚きです。

また、画像のすぐ下に広告が表示されるケースもあり、これも規約違反な気がしますが自動的に挿入されています。増収はかなり期待できるのではないでしょうか。

さいごに

自動広告が提供されるようになり、AdSense での収益化がますます簡単に効率的になってきました。皆さんも導入してみてはいかがでしょうか。