24時間換気のフィルターは交換を怠ると恐ろしいくらいに汚れる!?

みなさんは24時間換気のフィルターは定期的に交換していますか?そもそも24時間換気のフィルターってなに?という人もいるかもしれませんので、フィルターの大切さや交換方法について解説していきます。

コンテンツの転載は固くお断りいたします。

24時間換気のメリット

料理で出る煙や蒸気など、生活する中で出てしまう汚れた空気を外の空気と入れかえて、家の中に汚れた空気がたまらないようにしています。

昔の家は隙間があったりしたおかげで、自然にある程度換気ができていましたが、最近の新しい家は気密性が高いため、人工的に換気することもせずに暮らしていると、汚れた空気が排出されず病気になってしまうかもしれません。

新築の家では建材からホルムアルデヒドなどの化学物質が出やすいので、換気しないでいるとシックハウス症候群になる恐れがあります。

また、インフルエンザには換気が有効と言われていますね。さらに空気が流れるとお風呂場もよく乾くので、普通に掃除しているだけでカビもまず生えないですし、メリットだらけのように思えます。

しかし良いところばかりではないのです。

24時間換気のデメリット

24時間365日、外から空気を取り込んでいるので、換気していない場合と比べると多少冷暖房の効率は悪くなります。

冬に寒いからといって、24時間換気を止めることはおすすめしません。暖房で温めらることで水分を多く含んだ空気が、窓際や部屋の端の冷たいところに行くと冷やされて結露が起こってしまいます。

さらに、外の空気は工場や自動車の排気ガスやタイヤから削れ出る粉じん、花粉、黄砂など挙げればキリがないですが、こういったもので想像以上に汚れており、そんな空気を取り入れることになるのです。

換気とはいえ、そんな空気をそのまま家の中に入れていたのでは部屋をキレイにしているのか汚しているのか分からなってしまします。

そこで必要になってくるのがフィルターなんです。

2ヶ月もするとフィルターが真っ黒に

こちらは、給気口に取り付けていたフィルターなのですが、1ヶ月でもかなり黒くなりますが、2ヶ月も経つとおぞましいぐらい汚れます。

このときは吸気口の中の掃除をサボっていたこともあり、汚れ方はひどいほうだとは思いますが、どこの家でも普通にありえる汚れ方だと思います。

こんなに汚れている空気をフィルターも通さずに家の中に取り込むなんてことはできたものではありません。寿命が縮まってしまいそうですね。

ただ、フィルターを付ければ全て解決というほど単純ではないのです。

フィルターの性能

最近、PM2.5対応と書かれたフィルターをよく目にしますが、これはすごく曖昧な表現です。

PM2.5というのは、工場の煙や自動車の排気ガス、黄砂などありとあらゆる空気中の塵(ちり)の中で、直径が2.5μm以下の粒子状物質を全てひっくるめた言い方なんです。

PM2.5対応と書いてあるからといって直径が2.5μm以下の粒子が全て取り切れるフィルターなんて存在するでしょうか?そんな超高性能なら喉から手が出るほど欲しいのですが…

性能の表し方

実際はどんなに良いフィルターでも、これ以上小さい汚れは取れないという限界があります。性能を表すには、2.5μmの粒子なら80%除去できるとか、0.5μmの粒子なら80%除去できるといったように捕集率が大切です。

PM2.5対応と書いてあれば何でも良いという訳ではないということです。

どんなフィルターが良いかについては、下の記事で紹介していますのでよかったら読んでみてください。

本当に花粉・PM2.5は防げてる?24時間換気でオススメのフィルターを紹介

フィルターの交換

ここではフィルターの交換方法、特に、細かい汚れも気なるという人向けに私が行っているフィルターの取り付け方も紹介していきます。

吸気口の開け方

吸気口を開ける前にまずは24時間換気のスイッチを切りましょう。外から汚れた空気をなるべく入らないようにするためです。

たいていの場合、フタを外すと内部の筒を回すなどして引き抜けるようになっています。ここにフィルターを取り付けるようになっているタイプが多いです。

フィルターを取り付ける上での注意点

フタの開閉がプッシュ式になっている吸気口向けに、フィルターに切り込みを入れて穴を作り、その穴にフタを支える軸を通すようになっているものがあります。

私に言わせると、こんな取り付け方はもってのほかです。

フィルターに穴を作って軸を通してしまうと、どうしてもそこに隙間ができてしまいます。防ごうとしている汚れは、とても小さな粒子なので、ちょっとした隙間でも大きな隙間です。

フィルターを付ける上で注意すべきことは、外の空気がフィルターを通過せずに入ってこられる経路がないようにすることです。

たとえ吸気口のフタの開閉がプッシュ式になっていたとしても、フィルターに穴を開ける付け方はしない方が良いです。軸が届いていない奥にフィルターを付けるか、吸気口全体に被せるようにするなど、構造を考えて工夫したほうが汚れの侵入を防ぎやすいです。

あともう一つ気をつけておきたいことがあります。

フィルターと筒の間に隙間

他によくある付け方として、吸気口内部の筒に、厚みのあるスポンジ状のフィルターをはめ込むようになっているものがあります。新築の家だとメーカー純正のフィルターが最初から入っていたりします。

このフィルターは筒にほぼピッタリとはまりますが、はめ込んでいるだけなのでよく見ると筒の内壁とフィルターの間にわずかに隙間ができているのが見えたりします。

これでは花粉やPM2.5などを十分には防げないでしょう。単にスポンジを筒にはめ込むだけでなくもう少し工夫した構造をメーカーには作って欲しいものです。

そこで、空気がフィルタを通過せずに入ってこられる経路をできるだけなくすため私が考えた2つの方法を紹介します。

厚型フィルターと薄型フィルターを重ねる方法

市販の薄いフィルター用意し、筒の直径よりも少し大きめに切ります。そして厚型のフィルターに重ねて筒にはめ込むことで隙間を減らすことができます。

上の写真では、厚みのあるフィルターに薄いフィルターがはみ出るようにかぶせてはめ込んであります。薄いフィルターが筒の内壁との間に挟まれているのが見えると思います。

こんなに汚れが

2ヶ月半使用したフィルターです。厚みのあるフィルターに薄いフィルターをかぶせたものと、その側に丸く切ったフィルター(交換前の新しいもの)を並べています。

恐ろしく汚れていますね。住んでる場所が中国といったことはありません。日本の比較的都市部です。

フィルターを吸気口全体にかぶせる方法

薄いフィルターを吸気口全体に被せる方法です。縁から空気が漏れたりしないようテープで塞いで、ちゃんとフィルターを通った空気が部屋に入ってくるようにしましょう。

この薄いフィルターは、奥にあるメーカー純正のフィルターを通った空気を受けているだけなのに、1ヶ月もするとかなり黒ずんできました。

いま紹介した2つの方法を両方同時にやるとどういう汚れ方をするのかも試してみたくなりましたね。

さいごに

24時間換気は、気密性の高い家を正常に保つ上で大切なものなのですが、フィルターをきちんと付けないと場合によっては健康にも害を及ぼしてしまうかもしれないのです。

吸気口の掃除やフィルターの交換をこまめに行なって部屋をクリーンな状態に保ちましょう。

空気清浄機を置くことも有効ですので、もし良かったら以下の記事も読んでみてください。

シャープの空気清浄機を買ってみて実感できた効果と機能について紹介